鉄道ホビダス

【秩父鉄道】「わくわくチャリティーフェスタ」開催

鈴木岳人(埼玉県)
2011_05_14_suzuki_takehito002.jpg 検修庫前に勢ぞろいした電機たち。一番右のデキ103が今回のイベントで赤色に塗装変更された。
'11.5.14 秩父鉄道 広瀬車両基地

2011_05_14_suzuki_takehito003.jpg
広瀬車両基地までの直通臨時電車として使用された編成も、到着後に展示された。

'11.5.14 秩父鉄道 広瀬車両基地

2011_05_14_suzuki_takehito005.jpg
今年から新たに軌道モーターカーによるミニミニトロッコ乗車体験も新たに加わった。

'11.5.14 秩父鉄道 広瀬車両基地

2011_05_14_suzuki_takehito010.jpg
例年通りC58も展示され、ナンバープレートは赤色とされた。

'11.5.14 秩父鉄道 広瀬車両基地
 秩父鉄道は、広瀬車両基地で例年開催している「わくわく鉄道フェスタ」を、今年はグッズ販売等の売上げの一部を東日本大震災の義援金として寄付する「わくわくチャリティーフェスタ」として5月14日に開催した。
 イベント内容は今年も盛り沢山で、車輌展示ではイベントのために外装を赤地に変更したデキ103号が目を引いた。
 新たな内容としては、電気車修繕庫内でのポッパー車のブレーキテストとホッパーの作動実演、軌道モーターカーのミニミニトロッコ乗車体験が加わった。
 また「ローカル戦士センガタン」も登場し、子供たちに大人気であった。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.