鉄道ホビダス

【のと鉄道】西岸駅ホームに「湯乃鷺駅」の駅名標

宮島昌之(石川県)
2011_05_07_miyajima_masayuki001.jpg
上り線ホームのうち1ヵ所の駅名標が「湯乃鷺駅」に掛け替えられた。
'11.5.7 のと鉄道七尾線 西岸
 2011年4月よりテレビ放送が始まったアニメ『花咲くいろは』に登場する「湯乃鷺(ゆのさぎ)駅」のモデルとなった、のと鉄道七尾線西岸駅ホームに、2011年4月29日(金)より「湯乃鷺駅」の駅名標が登場している。
 現在ホームに4つある駅名標のうち、上り線ホームの穴水方1ヵ所について、「西岸」から「湯乃鷺」に掛け替えられたもので、赤茶けた錆びの部分など作品を忠実に再現したものになっている。
 5月7日(土)に訪問した際も絶えずファンが訪れており、列車に乗って訪れたり、駅前には県外ナンバーの車を見かけたりした。そのファンの方から伺った情報や、地元地方紙の新聞報道によると、4月29日(金)には同駅で「湯乃鷺駅」駅名標のお披露目除幕式が執り行なわれ、同アニメの製作スタッフや「のと鉄道」の関係者のほか、県内外から多くのファンが駆けつけ撮影会が行われたとのことである。
 駅舎の中には、入口付近の壁に「ようこそ石川へ」と一言添えられた「花咲くいろは」の特大ポスターが飾られており、その背景にも満開の桜に包まれた「湯乃鷺駅」が描かれている。また備え付けの駅ノートの表紙も「花咲くいろは」仕様になるなど変化がみられた。この「湯乃鷺駅」駅名標は、全ての放映終了後も当分の間はこのまま掛けられる模様だ。
 なお現地の状況を見るかぎり、西岸駅前の駐車場は3、4台分しかなく、また当日も見かけたが、のと鉄道の列車を利用して西岸駅で下車する団体観光客を迎えるため、駅前に大型観光バスがしばらく駐車する場合があるようなので、車で直接西岸駅を訪れるのは控えた方が望ましいようだ。
 また同駅は今や貴重な存在になりつつある「木造駅舎」のひとつでもあり、綺麗な駅舎とホームを末永く守るためにも、マナーを守って撮影に望みたいものである。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.