鉄道ホビダス

千葉県いすみ市に「いすみポッポの丘」開業

増永祐一(神奈川県)
2011_05_04_masunaga_yuichi001.jpg 車内でオリジナルグッズを販売する、いすみ鉄道のいすみ204。
'11.5.4 いすみポッポの丘

2011_05_04_masunaga_yuichi002.jpg
北陸鉄道のモハ3752。隣のいすみ204とは貫通路により通り抜け可能。

'11.5.4 いすみポッポの丘

2011_05_04_masunaga_yuichi003.jpg
万葉線のデ7052。この隣には貨物列車用のコンテナも展示。

'11.5.4 いすみポッポの丘
 いすみ鉄道ではキハ52 125が営業運転を開始して話題になっているが、そのいすみ鉄道沿線に鉄道車輌の展示広場が新たに登場した。それが5月1日(日)、千葉県いすみ市に開業した、養鶏業者のファームリゾート鶏卵牧場が運営する「いすみポッポの丘」である。
 小高い丘の上には、いすみ鉄道のいすみ204・北陸鉄道のモハ3752・万葉線のデ7052が展示されている。各車輌の車内では商品の販売が行なわれており、いすみ204ではいすみ鉄道のオリジナルグッズ、モハ3752では地元名産品、デ7052では新鮮鶏卵が取り揃えられている。もちろん車輌の撮影は可能である。
 いすみ鉄道での乗車・撮影に訪れた際は、休憩や土産物購入として「いすみポッポの丘」に寄ってみてはいかがだろうか。
 徒歩アクセスはいすみ鉄道の上総中川駅下車、県道151号線を北方向へしばらく歩くと、信号のところで左手にいすみ204・モハ3752が見えるので、それを目指して進む。同駅から徒歩約25分。
 自動車の場合はゴルフ場の「万木城カントリークラブ」を目指す(隣接して「いすみポッポの丘」がある)。駐車場有り。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.