鉄道ホビダス

【JR貨】EF210に見られる小変化

中司朔良(兵庫県)
2011_05_08_nakatsukasa_sakura001.jpg
100番代2次車ながら、パンタをPS22Dに換装した115号機。
'11.5.8 東海道本線 三ノ宮―元町
 増備が続けられているEF210だが、近年の増備車は、2002年以降に製造された100番代2次車に属し、FPS-4形シングルアーム式パンタを装備しているのが特徴である。
 この2次車は109号機以降が該当するが、2004年製造の岡山機関区所属115号機のみパンタグラフがPS22D形下枠交差式に換装されている。経緯は不明。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

月別 アーカイブ


ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.