鉄道ホビダス

【JR海】N700Sが営業運転を開始

大谷真弘(静岡県)
20200701112134-e2859ff3ac85c987d681c55015722093c26a7c8b.jpg 大雨の中、初の営業運転を行うJ1編成。
'20.7.1 東海道新幹線 静岡〜掛川

 13年ぶりのフルモデルチェンジした東海道・山陽新幹線の新型車両N700Sが、7月1日から営業運転に入った。一番列車となったのは、JR東海東京交番検査車両所所属のN700S(J1編成)が充当された東京―博多間の「のぞみ1号」だった。N700Sは、2018年3月に製造された確認試験車(J0編成)で試運転が開始され、本日をむかえた。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2020年7月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.