鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【JR東】 209系マリC433編成が大宮総合車両センターを出場

【JR東】 209系マリC433編成が大宮総合車両センターを出場

田頭功多(東京都)
20200629161424-a918304953baef984191acf1a463a8f75ecfa286.jpg クハ209-2007には線路モニタリング装置が設置されているのを確認できる。
'20.6.29 山手貨物線 赤羽~池袋

 大宮総合車両センターに入場していた209系マリC433編成が検査を終え、6月29日に所属区の幕張車両センターまで回送された。大宮→東大宮(操)→大宮→新宿→幕張の経路だった。千葉支社管内で活躍する209系2000番代・2100番代だが、E131系の導入が正式に発表され、4両編成の一部が置き換えられる予定となっている。しかし、現段階ではE131系の導入予定線区は限られているため、房総色の209系も暫くは安泰だと予測される。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2020年6月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.