鉄道ホビダス

2020年6月18日アーカイブ

大谷真弘(静岡県)
20200618150937-9c4548a8ea779076f7a106dfaa5eed82419e6302.jpg 横浜羽沢からEF210-302がチキを牽引して東海道を下る。
'20.6.18 東海道本線 菊川〜掛川

 6月17〜18日に、ロングレール輸送用のチキ9両の返空が東鷲宮から北九州貨物ターミナルまで運用された。6月18日の8091レでは横浜羽沢から吹田機関区所属EF210-302が担当。同機は初めて首都圏で運用した。編成は、機関車次位からチキ5400-6、チキ5500-6、5、4、チキ5450-3、チキ5500-3、2、1、チキ5400-5の空車9両だった。なお、東鷲宮から横浜羽沢までは新鶴見機関区所属のEF65 2127が充当された。

宮島昌之(石川県)
20200618121316-b8b28e7b220d6046ec70dbaee96b1d1100d1906b.jpg 車輪削正を済ませ返却回送される413系AM01編成。観光列車「一万三千尺物語」の運転がまもなく再開される。
'20.6.17 IRいしかわ鉄道 金沢~東金沢

 あいの風とやま鉄道では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、観光列車「一万三千尺物語」の営業運転を6月14日まで一時休止していたが、感染防止対策を実施のうえ6月20日より運転を再開する旨、同社公式ホームページに告知されている。
 運転再開を前に観光列車「一万三千尺物語」に使用される413系AM01編成が、2020年6月17日にIRいしかわ鉄道の金沢から所属先のあいの風とやま鉄道運転管理センターへ向け回送された。金沢総合車両所運用検修センターでの車輪削正を終え返却回送されたと思われる。
 413系AM01編成は観光列車での運転区間が、あいの風とやま鉄道管内の一部(富山~泊、高岡~富山~黒部)であることから、高岡駅より西の区間(倶利伽羅駅からはIRいしかわ鉄道)に姿を見せるのは珍しい光景となった。

玉木裕一(埼玉県)
20200618120257-adfd0d645c4ed90904b844d5d0bd9f9ff1e72236.jpg 夕暮れの高崎線を快走する房総特急用のE257系500番代NB-06編成の配給列車。
'20.6.17 高崎線 大宮〜宮原

20200618120642-bcbe3115657181a08f2fb27d1fd22f9f67c479f2.jpg
500番代としては2本目の改造入場となる。

'20.6.17 高崎線 大宮〜宮原

 6月17日、幕張車両センター所属のE257系500番代マリNB-06編成の配給輸送列車を新習志野→土崎で運転した。牽引機は長岡車両センター所属のEF81 134。NB-06編成は秋田総合車両センターで「踊り子」向け転用改造を行うと思われる。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2020年6月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.