鉄道ホビダス

2020年6月 6日アーカイブ

阿部雄司(愛知県)
20200606191626-0f5efe95d21f513f5b10375a0652574008dcaa35.jpg コンテナとEF210形300番代のイエローラインに統一感があり、美しい編成。
'20.6.6 東海道本線 逢妻〜大府

 6月6日、仙台港発吹田貨物ターミナル行の西濃運輸一部貸切列車(愛称:カンガルーライナーSS60)のうち、所定では吹田機関区EF66型の牽引である新鶴見信号場~吹田貨物ターミナル間の2059レを、同区所属のEF210-308が代走した。本列車のEF210形による代走は時折行われているが、300番代が代走するのは珍しい。

田部井毅大(東京都)
20200606190914-81520b3005efcebb6ab4ba22f901d14e210c987b.jpg 上り初日の一番列車となる「THライナー2号」が、恵比寿へ向かう。
'20.6.6 東京地下鉄日比谷線 北千住〜南千住

 東武鉄道では6月6日にダイヤ改正が実施された。今改正では伊勢崎線と日比谷線との直通運転において、70090型を使用した有料着席列車「THライナー」が平日・土休日とも1日当たりに上り2本・下り5本設定された。改正初日の6日には71791編成と71794編成が充当された。

田頭功多(東京都)
20200606192449-12f67b93f6b3876dbe5457da2e879e70c103b51c.jpg 新型コロナウィルスの影響で運転が再開されることなく廃止された「しもつけ」。私鉄特急では珍しく、前面にはイラスト入りのHMを掲出していた。
'16.8.3 東武鉄道宇都宮線 野州平川~新栃木

 東武鉄道では6月6日に大規模なダイヤ改正が行われたが、このダイヤ改正を以って、長年運行されてきた特急「しもつけ」が廃止となった。「しもつけ」は浅草~東武宇都宮間で一日一往復のみ設定されていた異色の特急で、少数派の350型が使用されていたことも特筆される。本来ならば6月5日がラストランとなる筈だったが、新型コロナウィルス流行を受けて一部特急の運行が取りやめになったことを受け、4月24日が事実上の最終運行となったようだ。これにより東武宇都宮線の優等列車は姿を消すこととなり、350型による東武宇都宮線への乗り入れも終了したことになる。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2020年6月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.