鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【JR貨】初めてEF210形300番代が「カンガルーライナー」を代走牽引

【JR貨】初めてEF210形300番代が「カンガルーライナー」を代走牽引

大谷真弘(静岡県)
20200408184010-154c8d381579c53f8ca6a43aa783262d50390dbb.jpg 新鶴見信号場から吹田貨物ターミナル間(2059レ)を牽引するEF210-314
'20.4.8 東海道本線 菊川〜掛川

 陸前山王発吹田貨物ターミナル行の西濃運輸一部貸切「カンガルーライナーSS60」のうち、4月8日の新鶴見信号場から吹田貨物ターミナル間で、初めて黄帯EF310-314が代走した。ちなみに、所定は吹田機関区所属のEF66形。なお、4月7日の陸前山王から新鶴見信号場間(4058レ)は仙台総合鉄道部のEH500-17が牽引した。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2020年4月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.