鉄道ホビダス

2020年4月 3日アーカイブ

大谷真弘(静岡県)
20200403122204-572417e0bc131cbedcaea12befc150184f061ba0.jpg EXEα30056編成4両が輸送された。
'20.4.2 東海道本線 掛川〜菊川

 日本車輛製造豊川製作所でリニューアル改造された小田急電鉄30000形EXEα30056編成4両が、4月2日から3日未明にかけて豊川から松田まで甲種輸送された。牽引機は、豊川から西浜松まで愛知機関区所属のDE10 1592、西浜松からは新鶴見機関区所属のEF65 2087が担当した。

浅川大樹(神奈川県)
20200403123050-b74998d24901486ae1e25d785898f64c2c580bd6.jpg DD200が初めて甲種輸送を牽引した。
'20.4.1 横浜線 矢部〜淵野辺

 総合車両製作所横浜事業所(J-TREC横浜)に入場していた東急3000系3008編成が、3月31日に逗子から八王子まで、4月1日に八王子から長津田まで甲種輸送された。逗子〜新鶴見、八王子〜長津田間は愛知機関区所属のDD200-6、新鶴見〜八王子間は新鶴見機関区所属のEF65 2076が牽引した。また、DD200形が甲種輸送を牽引するのは初めてで、中央本線、横浜線にそれぞれ初入線を果たした。

大谷真弘(静岡県)
20200403121727-3e1f05bd981a7d6c59028beb47d74f69a632ba46.jpg 早朝に923形「ドクターイエロー」T4編成が回送された。
'20.4.2 東海道新幹線 静岡〜掛川

 4月2日、JR東海東京交番検査車両所所属の電気軌道総合試験車923形「ドクターイエロー」T4編成が全般検査を施工するため、早朝に東京から浜松(JR東海浜松工場)まで回送された。

酒井哲郎(神奈川県)
20200403120230-0433f6be4c02fe7bf6831d756c04009c946f61fc.jpg 新しいタイプの青いいす。
'20.3.30 京浜急行電鉄本線 汐入

 京急のホームの椅子は、フレームが金属製、座面や背もたれがぬくもりを感じさせる木製のものが主流であるが、この度汐入駅上りホームの椅子が新タイプのものに交換された。新タイプは座面にクッションは入っていない硬いタイプである。同ホームは以前より1脚が傾いて使用禁止になっており、その交換に合わせて、全てを新タイプにしたようだ。下りホームは従来の木製のままであり、今後、新タイプに交換が進むのかは不明である。

野渡優弥(神奈川県)
20200403115917-8b1d33ec4a7366f98baf001cd90d48f1f4423ef2.jpg コデ165に牽引される赤電塗装の5501編成。
'20.4.1 伊豆箱根鉄道大雄山線 穴部〜飯田岡

 大場工場に入場していた大雄山線の5000系5501編成が検査を終え出場し、2020年3月30日から4月1日にかけて甲種輸送された。大雄山線内は、コデ165に牽引され大雄山駅まで輸送された。なお、塗装は赤電塗装が維持されている。当日は降雨であったが、沿線には大勢の撮影者が集まっていた。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2020年4月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.