鉄道ホビダス

【JR貨】DF200形機関車を輸送

大谷真弘(静岡県)
20200324100732-ddb7728618c5b9a6c7f0cfe6b9638cfb6cb500d2.jpg DF200-107が配置転換のため、五稜郭から兵庫まで輸送された。
'20.3.22 東海道本線 菊川〜掛川

 3月19日から23日にかけて、北海道のJR貨物五稜郭機関区から兵庫(川崎重工業兵庫工場)までDF200-107が輸送された。DF200-107は、保安装置(ATS-PT、DF装備)などの変更のため、川崎重工業兵庫工場で改修したあとJR貨物愛知機関区へと輸送する。なお、DF200形の愛知機関区への配置転換はこの107号機が最終と思われる。牽引機は、五稜郭から青森信号場まで五稜郭機関区のEH800-7、青森(信)から新鶴見信号場まで仙台総合鉄道部のEH500-30、新鶴見信号場からは、吹田機関区所属のEF210-305が充当された。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2020年3月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.