鉄道ホビダス

2020年3月28日アーカイブ

瀧井翔一(東京都)
20200328182829-2649082e152e971cf6c536fc106939daae5af1cd.jpg 全線急行運転開始のヘッドマークを掲出した60000系61618編成。
'20.3.25 東武鉄道野田線 春日部

20200328182930-80666ff50eaef78c4dbb47a949f374c9a431610a.jpg
クハ66618は、4年前の大宮~春日部間急行列車運転開始にもヘッドマークを掲出していたが、今回は柏側のクハ61618も前後同一デザインで掲出した。

'20.3.25 東武鉄道野田線 春日部

 東武野田線は、2020年3月14日にダイヤ改正を実施。特急アーバンパークライナーの柏駅乗り入れ開始、大宮~柏~船橋駅間の野田線全線において、急行運転が開始されたことが話題になった。
 全線での急行運転開始を記念して、60000系61601編成と61618編成の2本にヘッドマークを掲出。61601編成はダイヤ改正当日から早速船橋発着の急行にも充当され、61618編成はそれより少し遅れた3月18日頃からヘッドマークを掲出して営業運転へ投入された。
 このうち61618編成は、2016年3月26日のダイヤ改正当日限定で「大宮~春日部間 急行列車運転開始」の特製ヘッドマークを大宮側先頭車であるクハ66618のみ掲出した経験があり、今回のダイヤ改正分を含めて4年ぶり2度目の掲出となった。
 また野田線においては、区間急行の運転も開始。停車駅は大宮・岩槻・春日部と、春日部から柏までは各駅に停車する。なお運転本数は急行より少なく、かつ大宮~柏駅間のみの運転となるので注意されたい。

植松 繁(香川県)
20200328183433-25d40668ca00391defe80784200c5d5e435970c1.jpg 日中、伊予三島へと走る3079レが多度津駅で小休止。
'20.3.26 予讃線 多度津

 既報の通り、「スーパーライナーいよ」のヘッドマークが付いたEF65 2090だが、逆エンド側には「松山貨物駅開業」と書かれたヘッドマークが付けられている。このヘッドマーク掲出、今後どうなるのかしばらくは目が離せない。

宮島昌之(石川県)
20200328182257-618f988eed892acaed72e5b0197d4104425c7530.jpg 「4月5日(日)の運行を持って終了」の旨、万葉線より告知がなされた。
'20.3.26 万葉線高岡軌道線 新吉久

 万葉線のデ7073は、2016年8月から同路線の以前の事業者である「加越能鉄道」当時に見られた車体色に変更され「レトロ電車」として運行しているが、同社のホームページに「4月5日(日)の運行を最後にレトロ塗装は終了する」旨の告知が掲載された。
 デ7073といえば、「レトロ電車」になる前の外装が「2代目アニマル電車("ネコ電車")」であり、地元利用客(特に子供達)に親しまれた車両でもあった。
 今後「アニマル電車」が復活するのか、新たな企業のPR塗装車になるのか、デ7073の動向に注目したい。

植松 繁(香川県)
20200328181146-145dea94d28b1248df6210dc91ef26c9ede18df2.jpg カラーリング未施工車を含む2700系8両が、国鉄色のEF65に牽かれて高松に到着。
'20.3.26 予讃線 高松

 JR四国では、2000系置き換え車両として2700系8両を新製。高松運転所へ甲種輸送され、2020年3月26日早朝に到着した。今回は、カラーリングをしていない車両が2両含まれており、どのようなラッピングが施されるのか楽しみだ。

瀧井翔一(東京都)
20200328180254-a5af9584478281c44bc7f99fdbbc3e7f6d0a7462.jpg 東京臨海高速鉄道70-000形東臨1編成と同じデザインのラッピングとなった新1000形1065編成。
'20.3.18 京浜急行電鉄本線 生麦

20200328180340-c9787797a8169841751c7c6b513401e88753aaa9.jpg
青い車体に赤のラッピングが目立つ2133編成。

'20.3.20 京浜急行電鉄久里浜線 三崎口

20200328180504-84ffe36fb3a0cd6805273ea570340855683c12dd.jpg
『すみっコぐらし』とのコラボ編成が再び登場。今回は2100形にラッピングを実施。

'20.3.20 京浜急行電鉄久里浜線 新大津

 京浜急行電鉄では、2月29日頃から3種類の新規ラッピング列車が登場している。
 1種類目は、東京臨海高速鉄道りんかい線にも登場している東京オリンピックのラッピングで、車両はそれまで「河津桜とまぐろ満喫の旅」ラッピングをまとっていた新1000形1065編成が、貼り替わる形で3月9日より運転を開始した。東臨1編成とは異なり、ヘッドマークは掲出していない。しかし、東京オリンピックの開催1年延期が3月24日に決まったことから、既にJRの主要路線で登場しているラッピング列車と共に今後の動向が注目される。
 2種類目は、トルコの新イスタンブール空港を拠点に置くターキッシュエアラインズで、3月14日頃から2100形2133Fの側面・前面にラッピングを施工した。これは同社が東京国際空港~イスタンブール空港の路線開設を目的としたもの、車内広告も同社の広告で埋まっている。
 3種類目は、サンエックスの人気キャラクター『すみっコぐらし』とタイアップしたラッピング。2100形2149編成に施工した。2月29日より期間限定で運行している。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2020年3月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.