鉄道ホビダス

2020年3月27日アーカイブ

木村洋一郎(香川県)
20200327092033-cf9b69f9930b3228329d5741f6fb89d98cd4137a.jpg 普段走らない日中の高徳線を走行。
'20.3.25 高徳線 神前〜造田

 3月25日朝に板野駅構内で発生した車両トラブルの影響により、運休した普通列車の車両回送が日中行われ、キハ47形2両が徳島〜高松を走行した。
 高徳線でのキハ47形の運用は朝晩に限られており、日中の定期運用はないため、貴重な運行となった。

石井孝宏(滋賀県)
20200327091602-f1bb0dd107ed5ba0a6f547f63337165ae8da6a63.jpg 夜の作業まで一旦八日市で留置中のホキ工臨。
'20.3.25 近江鉄道 八日市

 3月25日に220形226牽引のホキ工臨が運転された。午前中に五箇荘でバラストを積み込んだ後、八日市で一旦留置その後夜の作業に従事した。

前田明彦(埼玉県)
20200327091037-aa5f383d67efe740343026443467c296bb74252e.jpg 池袋線を離れ、これからは新宿線のフラッグシップに。
'20.3.25 西武鉄道新宿線 東伏見〜武蔵関

 3月のダイヤ改正で001系に置き換えられ、池袋線・秩父線の特急「ちちぶ」「むさし」から引退した10000系NRAだが、その中でも懐かしの塗装で注目されていた10105編成レッドアロークラシックが3月25日より新宿線に転属し、特急「小江戸」としての営業運転を開始した。なお、10105編成の転属に伴い、通常塗装の10106編成が運用を離脱した。

田頭功多(東京都)
20200327090434-0b6e2f2020640f690084fb3a902c1a22c97edf48.jpg 復路はEF64を次位に連結する珍しい編成で走行。
'20.3.25 上越線 津久田~敷島

 3月25日に高崎車両センター高崎支所に所属するD51 498が、上越線高崎〜水上間で試運転を実施した。編成は往路がD51 498+オヤ12 1+EF64 1053、復路がD51 498+EF64 1053+オヤ12 1であった。D51 498は3月上旬に全般検査を終えて大宮総合車両センターを出場し、翌日に所属区まで配給回送されている。同機は3月13日より本線でも試運転を開始していたが、不具合が見つかったようで試験走行が円滑に進んでおらず、先行きが心配されていた。JR東日本によると、D51 498は4月4日から客扱い運用に復帰する予定となっている。

大谷真弘(静岡県)
20200327090038-90dac883722d5ba4614a2324a269c65fd603651f.jpg 54レを東福山~東京貨物ターミナル間で牽引。
'20.3.25 東海道本線 掛川〜菊川

 3月24日から25日にかけて、ダイヤ改正後初めて吹田機関区所属のEF66 27が54レ「福山レールエクスプレス」を東福山から東京貨物ターミナルまで牽引した。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2020年3月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.