鉄道ホビダス

2020年3月25日アーカイブ

RM
20200325173610-8fca1f9118aefa38a8e6da5a580758249204aa64.jpg 日立製作所では先頭車L22-951が製造された。
'20.3.25 日立製作所笠戸事業所

 JR東海は超電導リニアL0系の改良型試験車を公開した。製造される改良型試験車は2両で、先頭車を日立製作所、中間車を日本車輌製造が製造した。先頭車は先頭部形状をブラッシュアップし、空気抵抗の低減及びトンネル微気圧波の低減が図られている。また、補助電源用ガスタービンエンジンを廃止して、誘導電源化した。そのほか灯火類を車体上部に移設し、塗り分けも変更している。
 改良型試験車は4月上旬に山梨リニア実験線に搬入され、5月末頃から本線走行試験を開始する予定。

山中 茂(京都府)
20200325171101-994c34d92c33388602ef999bcf85a48c9bd38723.jpg リニューアルされた北野白梅町駅。
'20.3.20 京福電気鉄道北野線 北野白梅町

20200325172605-859db44e47b4b0cf6eccba878e7c94ff0bbb2c16.jpg
バリアフリー化と京都市バスの乗り入れが開始された。

'20.3.20 京福電気鉄道北野線 北野白梅町

20200325171710-b2ef8e3d039caca099a0883767d399f402768c7c.jpg
〔参考〕リニューアル工事前の北野白梅町駅の駅舎。

'16.4.16 京福電気鉄道北野線 北野白梅町

20200325172746-dd894bef24a84b4d01d0ab856bf74bb7dc016855.jpg
〔参考〕リニューアル前のホーム。

'16.4.16 京福電気鉄道北野線 北野白梅町

 「嵐電」(京福電気鉄道)の交通ネットワーク強化の一環として、1958年(昭和33)築造の老朽化した北野白梅町駅の改修・バリアフリー化と、増客を目的とした駅とバス停の一体化工事を昨年の11月から進めてきたが、3月20日より供用開始となった。現在の線形の2番線側のみの1線とし、1番線部分をバス専用の停車スペースとし、上家等の整備を行った。

山中 茂(京都府)

DSC0035.JPG

ダイヤ改正で廃止となった参宮線池の浦シーサイド駅(臨時駅)

'10.8.7 参宮線 池の浦シーサイド(松下~鳥羽)

DSC0036.JPG
車内から見た参宮線池の浦シーサイド駅

'10.8.7 参宮線 池の浦シーサイド(松下~鳥羽)

 「日本一海に近い駅」として知られ、夏の数日のみの営業だった池の浦シーサイド臨時駅が、3月14日のダイヤ改正で廃止となった。1989年(平成元年)7月16日の開業で、ホームは1面1線。駅の目の前は海水浴場で、快速「みえ」が停車する時もあったが、海水浴客の減少等で駅の利用者が減り、2018年(平成30年)以降は営業をしていなかった。なお、写真は2010年撮影のものなので注意。

尾﨑知史(愛知県)
20200325090134-ce2f6e3df00915215d73a06d2e2311ec235348d7.jpg 東田坂上渡り線を渡るモ3203試運転列車。
'20.3.24 豊橋鉄道東田本線 東田坂上〜東田 

 豊橋鉄道東田本線の3200形で唯一残り、往年の豊鉄カラーでイベント運用に多用されてファンに人気のモ3203が、2月の企画電車「おでんしゃ」の運行終了後、赤岩口車両区にて集電装置をビューゲルからシングルアームに変更工事され出場した。これからも活躍が期待される

鶴井雅人(大阪府)
20200325085800-0fa849108b9a1577d1cdbdf07eecbf4cb9a15ffe.jpg 「スーパーライナーいよ」のヘッドマークを掲げ、75レで四国へ向かうEF65 2090。
'20.3.24 東海道本線 吹田~東淀川

 3月24日、大阪貨物ターミナル発の75レ牽引のEF65 2090に「スーパーライナーいよ」のヘッドマークが掲出された。これは3月14日のダイヤ改正でJR貨物の松山貨物駅が開業したことを記念したものと思われる。

島崎 誠(東京都)
20200325085432-0d2a59d95705fed635e8b9d478b8236b0d125595.jpg 春の青空の下、伊豆急へと向かう元「ゆうマニ」。
'20.3.24 東海道本線 新鶴見信号場〜鶴見

 3月24日~25日、東急電鉄に譲渡されたマニ50 2186(元「ゆうマニ」)が今夏運転される「THE ROYAL EXPRESS北海道クルーズ」に向けての車両改造のため、伊豆急行へ甲種輸送された。JR区間の輸送は八王子~伊東間で(長津田~八王子間は23日に運転)、長津田~八王子間は新鶴見機関区のDE10 1726が、八王子~伊東間は同機関区のEF65 2050がそれぞれ牽引した。

大谷真弘(静岡県)
20200325085010-ee44301a176d791b1e9a72195a4817698291d5a0.jpg 新鶴見区のEF210形新塗装機関車は3両目となる。
'20.3.24 東海道本線 掛川〜菊川

 3月17日、全般検査で新塗装出場した新鶴見機関区所属のEF210-110が、3月22日に稲沢から沼津まで2078レを牽引した。新鶴見機関区所属のEF210形新塗装は、111号機、112号機に次いで3両目となった。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2020年3月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.