鉄道ホビダス

2019年12月 3日アーカイブ

小原正裕(兵庫県)
20191203183613-580908d50b9e8bd106e9db7b21073bd27dbf6d27.jpg この編成が高砂行き普通の運用に入るのは珍しい。
'19.11.24 神戸高速線 新開地

 山陽3000系3050形の3066F4連が新開地23時31分発の高砂行き普通の運用に充当された。高砂行き普通は本数が非常に少なく、現行ダイヤでは平日は1本、土休日は写真の1本だけである。3066Fの姫路方先頭車3638は鋼製車体であるが、神戸方先頭の写真の3066、3067、3538は新工法アルミ車体となっており、3638に合わせて塗装されている。3067は製造メーカーである川崎重工の大型押し出し形材使用の試作アルミ車で、3066とともに日本初採用である。

庭池孝輔(埼玉県)
20191203183338-54cc5181d564790ac13c6cb2acc48615f70d98cc.jpg ススキがなびく有名撮影地を下る譲渡配給列車。
'19.11.29 上越線 八木原〜渋川

 11月29日、京葉車両センター所属の205系 ケヨM19編成が新習志野から新津へ向けて配給輸送された。牽引は長岡車両センター所属のEF81 134で、8月に行われた譲渡配給以来のEF81牽引となった。

厚海 陽(福島県)
20191203183050-0a3f82bcb3cfa33bf2300f4362309edb2b4ec15e.jpg 付属編成2本併結の10両編成で東北本線を駆け抜ける。
'19.11.29 東北本線 須賀川〜安積永盛

 11月29日に、E501系K754編成とK751編成が郡山総合車両センターに同時入場した。
 今回はK754編成がK751編成を牽引する形となった。これは、1号車に装備されていた電気連結器が撤去されたものによると考えられる。

正清雄也(岡山県)
20191203182330-f0173f4753773b5a1d62ddd5c465a963e4b65227.jpg MRT305ひまわり号にマークを付けて運転。
'19.11.27 水島臨海鉄道水島本線 球場前〜西富井

 水島臨海鉄道では11月25日~12月25日までクリスマス列車を運転している。車内には、雪だるまのぬいぐるみとベルのぬいぐるみとツリーのオブジェが飾られている。
 使用される車両はMRT305ひまわり号で、マーク付きで運転されている。
 運転区間は、三菱自工前〜水島〜倉敷市間。運転時刻は不定期で、朝夕方の通勤時間帯に2輌または1輌で運転されている。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年12月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.