鉄道ホビダス

2019年11月 8日アーカイブ

藤原匡秀(東京都)
20191107222600-47f9fcd7cd7bb35e77100eb600d20a88e07b8f7f.jpg パンタが外されたクモヤ143-11が大宮駅7番線に入線、牽引はEF64 1032〔長岡〕。
'19.11.6 高崎線 大宮駅7番線

 2019(令和元)年11月6日に川越車両センター所属事業用車クモヤ143-11が、川越車両センター~大宮~西浦和~国立~八王子~甲府~塩尻~篠ノ井~長野の経路で長野総合車両センターまで配給輸送された。
 クモヤ143-11は、1985(昭和60)年9月30日に松戸電車区(現松戸車両センター)から埼京線開業及び川越線大宮~川越間電化の際に全面使用を開始した当時の川越電車区に移籍された車両で、構内入換えや大井工場(現東京総合車両センター)入出場車両の牽引車としても使用された。2015(平成27)年5月に大宮総合車両センターにて全般検査施工後、2017(平成29)年11月4日の池袋-大宮間ATACS導入に伴い、再び同センター内に移動及び留置され、2018(平成30)年4月3日に重要部検査施工とATCなどの一部の保安装置の取り外し施工をされて、所属先に帰区(長岡車両センター所属EF64 1031が牽引)していた。
 今回の配給輸送の際には、パンタが取り外されていたことから廃車前提の輸送の模様であるが、もし同車が廃車されると新製車のクモヤ143形は、東京総合車両センター所属の2両(クモヤ143-8・9)のみ存在となる(なお新潟車両センター所属の51と、長野総合車両センター所属の52は両者ともクモニ143形からの改造車)。

加藤滉基(大分県)
20191107222137-8267c9e527b0cbe8f517804a6d6b8b4394b4831b.jpg 美しい漆黒の姿となって所属の鹿児島へと長い旅が始まる。
'19.11.6 大分

 小倉総合車両センターに定期検査として入場していたキハ147 1045〈はやとの風〉が検査を終えて出場した。

廣村典彦(兵庫県)
20191107221631-039de1a8d07b015e13d1330c4d68eb944ac97b81.jpg 先頭、最後尾、中間の1輌すべて貫通型先頭車の7020形で組成された倉吉発京都行〈スーパーはくと10号〉。
'19.11.6 山陽本線 上郡〜有年

 山陽本線上郡と因美線智頭を結ぶ第三セクター智頭急行の特急列車〈スーパーはくと〉用のHOT7000系は、予備車で増結用の貫通先頭車両HOT7020形を3両保有している。この貫通先頭車輌を3輌とも使用した編成が組まれ走行した。貫通先頭車が3輌とも編成を組むのは大変珍しい。

宮島昌之(石川県)
20191107220935-b855ce9c7997e833314d936acda06648a5b9fcc2.jpg 手取川橋梁を渡るDE15 1532。冬本番に備えてラッセル車の試運転が始まった。
'19.11.6 北陸本線 美川~小舞子

20191107221031-93ec695a7640d603f9a750e6292dc42343dbe02f.jpg
排雪手順を確認しながら北陸本線を南下するDE15 1532。

'19.11.6 北陸本線 松任~加賀笠間

 2019(令和元)年11月6日、金沢総合車両所富山支所に所属するDE15 1532が、北陸本線の金沢~南福井間で試運転を行った。大雪など積雪に備え排雪業務の訓練を行ったものとみられる。
 あわせて出発前には、金沢総合車両所運用検修センター構内で、出区前点検の様子を地元報道各社に公開した。
 テレビニュースではウイングやフランジャーの動作確認のほか、試運転で同センターを出発する模様が流れ、お茶の間に冬の訪れが近いことを伝えた。
 なお、報道によると昨年度JR西日本金沢支社管内のうち石川県内は、暖冬の影響かラッセル車の出動は無かったとのことである。

岩谷淳平(石川県)
20191107220449-734ed3f6afc16399f9a82f00a4130256d5e51115.jpg 現状のヨ5003。 車輪は別途保管している。 ※私有地につき見学はご遠慮ください
'19.10.7 小松市内 資材置場

 国鉄コンテナ特急60周年を記念し、運行が開始された昭和34年と同じ11月から、クラウドファンディングサイト「Ready for」にて、コンテナ特急「たから」に使用された車掌車「ヨ5000形」のヨ5003を復元補修するための支援受付を開始する。
 支援の到達額により復元メニューもより充実する仕組みとなっているほか、京都鉄道博物館収蔵のヨ5008とは異なる形状(ヨ5003の出入口扉は木製、尾灯に折り畳み式の「尾燈円板」を設置、ベンチレータ3基+煙突1基、など)を再現する予定。
 同車は本年9月まで長野県信濃町の資産家が所有していたものを、歴史的な希少性と復元までの費用試算を調査目的に、石川県小松市内へ移設した。 クラウドファンディングの詳細は下記を参照のこと。

https://readyfor.jp/projects/yo5003/preview?preview_token=e2321b41bbf04d9f0866c41ad503d6c841b6ff0d


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年11月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.