鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【JR貨】第26回「鉄道フェスティバルin東北」を開催

【JR貨】第26回「鉄道フェスティバルin東北」を開催

片平宏之(宮城県)
20191007090933-31a6c6c242ccd0b6088c8a7220035ebc7653da90.jpg 今年は令和初となった「鉄道フェスティバルin東北」。展示されたクマイチことEH500-901号機[仙貨]は鉄道ファンからの注目を浴びた。
'19.10.6 東北本線(貨物線) 仙台貨物ターミナル

 JR貨物東北支社は、JR東日本仙台支社の協力の下で第26回「鉄道フェスティバルin東北」を仙台貨物ターミナル駅で開催した。同フェスティバルでは鉄道グッズ、スキー・リフト1日券、産直品、屋台による軽食や飲み物の販売や東北地区の鉄道会社による鉄道グッズや記念入場券・乗車券の販売が行われたほか、JR東日本の東北吹奏楽団や獅子躍のイベントステージが実施された。
 また、鉄道パネルや鉄道模型のジオラマが公開され、毎年恒例の機関車展示では仙台総合鉄道部に所属しているEH500-901が展示された。そのほかミニSLとミニEH500の運転と、愛知機関区所属のDD200-901とヨ8753を使用した緩急車乗車体験も実施。後者においては、昨年の体験乗車が台風接近の影響で急遽、取りやめになったため、これらのコラボレーションによる緩急車体験乗車は今年度が初となった。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年10月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.