鉄道ホビダス

【阪神】5001形第1編成、原形に近い姿で活躍中

小原正裕(兵庫県)
20191003085659-b461b63efe4582ef37898b79b04dad5ce6c268c4.jpg 10月1日には梅田駅が「大阪梅田」駅に駅名が変更されたが5001形の第1編成の表示幕は従来の「普通梅田」表示のまま。
'19.10.1 阪神電気鉄道本線 尼崎

 "阪神ジェットカー"青銅車の最古参の5001形は、現在も4連8編成が全車健在で活躍している。なかでも第1編成5001Fは、近年5001形で進められている前照灯のLED化や側窓の下段固定化はいずれも施行されておらす、表示幕の設置や連結器の交換などを除けば原形に近い姿で現役を続けている。ただ、5700系の増備により"ジェットカー"では電機子チョッパ制御車の5131形が今年で全車廃車されており、今後の5700系の増備次第では5001形の、特に5001Fの動向が注目される。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年10月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.