鉄道ホビダス

2019年10月24日アーカイブ

尾﨑知史(愛知県)
20191023232438-98606541c28c8dfae9232bd75cd9af64e1f5b571.jpg 愛環2000系G33編成1138Hと北岡崎駅にて離合するDE10 1727の単9787レ。
'19.10.21 愛知環状鉄道 北岡崎

20191023232902-d77b65145581bdf07116d04643a391f5d9b942b4.jpg
DE10 1727に牽引されるG12編成。

'19.10.22 愛知環状鉄道 北野桝塚

20191023233004-a158cb74d26a2f07bee6390fc0021e6423e226a1.jpg
愛知環状鉄道から東海道本線、飯田線を甲種輸送されるG12編成。

'19.10.22 飯田線 下地〜平井信号所

 2019(令和元)年10月21日、JR貨物愛知機関区のDE10 1727が愛知環状鉄道にの北野桝塚まで単機で入線。翌22日にG12編成(先日緑塗装から青塗装に塗替え済み)を従え、北野桝塚〜岡崎〜豊橋〜豊川〜日本車輌へと運転された 愛知環状鉄道にDE10が入線するのは2009(平成11)年2月25日にG51・G52の甲種輸送でDE10 1581が入線して以来。今回は昼間に運転された。 

鈴木一雄(北海道)
20191023231714-9489ce78d69d6a10959c89d63b22c58ef33c675c.jpg 花咲線茶内駅を出発するヘッドマーク掲出の根室行き。
'19.10.12 花咲線(根室本線) 茶内

 8月に行われた鉄輪ピックのJR北海道釧路支社長賞の副賞、ヘッドマーク製作権により前後異なる絵柄のヘッドマークを製作し、変5627D〜3628D1往復を運用したキハ54に掲出した。
 根室方向は厚岸〜厚床100年イラスト、釧路方向はかつての快速〈はなさき〉のリバイバルイラスト100年仕様とし、折り返しが快速〈はなさき〉となるのにも配慮した。運行は10月11〜14日の4日間を予定指定が、13日は荒天のため運休となった。10月12日は地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン(キハ54 521釧路運輸車輌所)に掲出されていた。

瀧井翔一(東京都)
20191023132205-db90500d067532cfc853f0cca56cd9f336379ea6.jpg レンジーのヘッドマークは湘南レッドラインに装着された。
'19.10.15 湘南モノレール江の島線 大船~富士見町

20191023132313-f62b901db4c5ef4a8f5e134930064f7630f5d7ad.jpg
大船側先頭車のヘッドマーク。

'19.10.15 湘南モノレール江の島線 大船

20191023132358-019eadd4a5c167f36135229b6db37f53ce479dbd.jpg
レンジーが装飾された湘南町屋駅の駅名標。

'19.10.15 湘南モノレール江の島線 湘南町屋

 湘南モノレールでは、2019年10月5日から11月2日まで、5000形5601編成(湘南レッドライン)に「ラグビーワールドカップ2019」のヘッドマークを前後のデザインが異なる内容で装着している。またこれに合わせて、レンジーをデザインした駅名標を大船駅以外の富士見町~湘南江の島駅間で各駅1枚ずつ掲出している。

瀧井翔一(東京都)
20191023131353-eda471982674ae1b4cb621e56b027c354c8ca427.jpg 日立製作所笠戸事業所から甲種輸送されたばかりの001系D編成が、試運転を経て営業運転を開始した。
'19.10.15 西武鉄道池袋線 東久留米~清瀬

 001系「Laview」の4本目にあたるD編成の運転が10月14日より開始した。初日は小手指車両基地から西武秩父駅まで回送され、14:25発の特急〈ちちぶ30号〉池袋行きと、その折り返し池袋16:00発特急〈むさし23号〉飯能行きに充当された。

【西武】10000系NRAの話題

瀧井翔一(東京都)
20191023130704-88a79602e97ad7edc39b26377f72cf56d4d5ee2c.jpg 久しぶりに池袋線・秩父線特急運用についた10112編成。
'19.10.15 西武鉄道池袋線 清瀬~秋津

20191023130757-bcaf7ed2f64bff42a3e8f0844cf8e90858d05230.jpg
西武秩父線開通50周年ラッピングは、10110編成へ施工した。

'19.10.15 西武鉄道池袋線 東久留米~清瀬

 10月に入ってから西武の特急列車の話題が豊富となっている。
 10月10~15日の期間、普段は西武新宿線の特急〈小江戸〉に充当している新宿線の10000系10112編成(カナヘイラッピング)が池袋線へ貸し出され、特急〈ちちぶ〉〈むさし〉に充当された。なお同編成が池袋線・秩父線に入るのは、2014(平成26)年12月3日の秩父夜祭開催に伴う臨時列車で充当されて以来約5年ぶりとなる。
 また、10112編成の池袋線・秩父線運用入りと同日の10月10日に、池袋線10000系10110編成が「西武秩父線開通50周年」ラッピングとなった。これは1969(昭和44)年10月14日に西武秩父線吾野~西武秩父駅間が開通してから50周年、及び特急列車の運転開始50周年を記念したもので、2020(令和2)年1月まで走行する予定となっている。
 なお10月14日に西武秩父駅で開通50周年記念セレモニーが執り行われ、両編成とも全て西武秩父駅に入線し、より一層の華やかさを出していたことは特筆されよう。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年10月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.