鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【JR貨】EH500-23〔仙貨〕とEH500-66〔仙貨〕が大宮車両所同時入出場

【JR貨】EH500-23〔仙貨〕とEH500-66〔仙貨〕が大宮車両所同時入出場

藤原匡秀(東京都)
20190910012349-c77977555e519fdb50fabc68fce45ff994a1e4d1.jpg 専用入換動車(OM-1)の入換作業中であるが、"金太郎"の重連が見られた。
'19.9.6 大宮車両所(東北本線 大宮駅9番ホームにて)

20190910012450-9e09e5c6d9e5c8d6f4be966453a9c9e441e17b43.jpg
入場準備のため大宮駅貨物13番線から、車両所構内へ東通路線に向かうEH500-66。

'19.9.6 東北本線 大宮駅貨物13番線(11番ホームにて)

20190910012552-c3123a50d5eb3aca669dccbe2097a3e6472636f7.jpg
出場後、EF210-155〔新〕に牽引され、無動力で新鶴見機関区へ向かうEH500-23。

'19.9.6 武蔵野線 
西浦和駅

 2019(令和元)年9月6日に仙台総合鉄道部所属のEH500形2機の同時入出場があった。入場機はEH500-66で、新鶴見(信)~府中本町~西浦和~大宮の経路で入場。出場機はEH500-23で大宮~東大宮(操)~西浦和~府中本町~新鶴見(信)の経路で新鶴機関区まで回送された。両機の牽引機は、新鶴見機関区所属のEF210-155が全区間を担当した。
 入場機のEH500-66は、新製後初の全般検査となるため、全塗装は施工されず出場時は車体両側面の「JRF」ロゴマークは残されると思われる。また、出場機のEH500-23は、新製後の第二全般検査に該当するため、車体両側面の「JRF」ロゴマークは消去されて出場した。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年9月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.