鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【JR西】"レノファ山口ラッピング列車"リニューアル

【JR西】"レノファ山口ラッピング列車"リニューアル

大下秀幸(山口県)
20190902093823-3427cd43cf57aabb5eb4067bebd5c1f2be00024b.jpg レノファ山口のキャラクター「レノ丸」らの合図で運行を開始した。
'19.9.1 山口線 新山口

 サッカーJ2レノファ山口のラッピングを施した車輛がデザインをリニューアルし、9月1日から運行を始めた。これは、チームの応援と本拠地の山口市をPRしようと、JR西日本と同市が企画したもので、今回は下関総合車両所新山口支所のキハ40 2045を使用。チームのマスコットキャラクター「レノ丸」の顔を車体の前後面に、側面にはSL〈やまぐち〉号や国宝の瑠璃光寺五重塔など山口市内の観光名所もあしらっている。同日は新山口駅でセレモニーがあり、駅長と山口市長、レノ丸の合図で、ホームゲームを観戦するサポーターらを乗せた列車が発車した。ラッピング列車は今後2年間、山口線を中心に山陰線や芸備線などで運行される。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年9月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.