鉄道ホビダス

2019年9月22日アーカイブ

近藤規夫(東京都)
20190922114553-5ec2e4e9c4339bc4063f9d61dbaeb7be33d26faa.jpg 開幕翌日には、高尾線ライナーに充当された(写真は返却回送)。
'19.9.21 京王電鉄高尾線 京王片倉〜山田

 京王電鉄では、ラグビーワールドカップ2019大会開催に伴い、9月15日より5000系電車にヘッドマークを掲出している。同大会開幕の20日時点では、5781~5783の3編成に取り付けられた。
 なお、ラグビーワールドカップは、全国の競技場で9月20日から11月2日まで催される。

大谷真弘(静岡県)
20190922113845-0864a0a5930e8bd3e22dc1098d286da776e972c2.jpg 稲刈りを終えた田園の中を2000系2113編成が輸送された。
'19.9.21 東海道本線 掛川〜菊川

 日本車輌製造豊川製作所で新製された東京地下鉄2000系2113編成6輌が、9月21日から22日にかけて豊川から根岸経由で神奈川臨海鉄道本牧線横浜本牧まで甲種輸送された。牽引機は、豊川から西浜松まで愛知機関区所属のDE10 1165、西浜松から新鶴見(信)まで新鶴見機関区所属のEF65 2138、新鶴見(信)から根岸までは同区の国鉄色EF65 2067が担当した。

島崎 誠(神奈川県)
20190922113136-abb33eff20c4840242d9a34d0b0cea180755aa82.jpg オリジナルHM付のニーナが甲種輸送の先頭に立つ。
'19.9.22 東海道本線 近江八幡〜安土

20190922113255-e796919114c524fcd69e68c62973c1ce6eb05867.jpg
吹田〜越谷(タ)間を牽引したニーナ(別投稿・松田信介)。

'19.9.22 東海道本線 南草津

 9月21日~22日、日立製作所で落成した首都圏新都市交通(つくばエクスプレス)TX-3000系6輌が、下松―越谷貨物ターミナル間で甲種輸送された。新型車両は交直流車5編成(6両)で今後全30両を導入。2020年春から運行を開始するとされており、現行車両の基本ベースを継承しつつ、カラーもブルーとレッドを彩るデザインとなっている。甲種輸送列車は下松〜吹田間を吹田機関区所属のEF210-107が牽引。吹田〜越谷貨物ターミナル間はオリジナルのヘッドマークを装着したEF66 27が牽引を担当した。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年9月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.