鉄道ホビダス

【山陽】"忍たまとおでかけ号"が網干線に入線

廣村典彦(兵庫県)
20190806005849-ec3b02afd71410730e4df4799b81ee773a41f842.jpg ヘッドマークは第二弾に交換された。
'19.8.2 山陽電鉄網干線 山陽天満〜平松

 山陽電鉄で2019(令和元)年7月19日から運転を開始したイベント列車「忍たまとおでかけ号」が、8月1・2日は網干線運用になり、「忍たまとおでかけ号」として網干線初入線となった。
 同時にヘッドマークも第二弾のデザインに交換された。ヘッドマークのデザインは運転期間の2019年9月8日までに順次変更され、計8種類を掲出予定。網干線は日中3編成使用の15分間隔での運転だが、撮影日の8月2日は3編成すべて6000系が走る珍しい光景だった。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年8月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.