鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【JR東】 「第71回諏訪湖祭湖上花火大会」開催に伴う臨時列車運転の話題

【JR東】 「第71回諏訪湖祭湖上花火大会」開催に伴う臨時列車運転の話題

大森岳人(東京都)
20190816114658-ad3fed0577aa03fee4949779415e350c8ce31249.jpg 今年も東京地区からE233系が応援に駆け付け、観客輸送に貢献した。
'19.8.15 中央本線 上諏訪

 8月15日、長野県の諏訪湖において「第71回諏訪湖祭湖上花火大会」が開催され、観客輸送のため多数の臨時列車が運転された。
 富士見・小淵沢・甲府〜岡谷・塩尻・松本間で運転された臨時普通列車には、長野総合車両センター所属211系N編成の6輌編成を中心に運転されたほか、今年も豊田車両センター所属E233系0番台(青664編成6輌)、中原電車区所属E233系8000番代(N21編成6輌)も応援に駆け付け使用された。
  花火終了後の臨時夜行快速列車〈諏訪湖花火大会号〉は、松本車両センター所属のE257系0番代9輌を使用し、上諏訪→新宿間(上諏訪16日0:10発→新宿5:20着)で運転された。こちらは昨年まで〈ムーンライト信州90号〉として運行されたが、今年は〈ムーンライト信州〉の名称は名乗らなくなっている。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年8月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.