鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【JR東】 二次新潟色の115系N33編成が大宮総合車両センターに入場

【JR東】 二次新潟色の115系N33編成が大宮総合車両センターに入場

藤原匡秀(東京都)
20190822090921-aab61065672fbf301bb5e32a4320c33153eecaef.jpg 大宮駅貨物13番線へ入線するN33編成。
'19.8.21 東北本線 大宮駅貨物13番線

 2019(令和元)年8月21日に、新潟車両センター所属で二次新潟色の115系1000番代N33編成が、越後石山~宮内~高崎~大宮(操)~大宮の経路を自力回送して、大宮総合車両センターに入場した。同センター所属115系1000番代の入場は、2018(平成30)年10月4日に入場、同年10月31日出場し「弥彦色」に復刻したN36編成以来である。
 今回の入場は、7月29日にJR東日本新潟支社が、9月21・22日に旅行商品専用臨時列車「復刻"旧弥彦色"越後ぐるっと周遊号」を運転することを発表したことに伴い、同編成を"旧弥彦色"に塗装変更するための入場である模様。なお、定期検査(重要部もしくは全般検査)するかどうかについては不明だが、出場時の車体の状態が注目される。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年8月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.