鉄道ホビダス

2019年8月15日アーカイブ

高橋孝一(群馬県)
20190815100201-d17b3a44e02b2d2bab9da79a63f5b015d9f875bd.jpg 向かって右は高崎方で、幌が付いている。今回、単行運転のためこの幌面が先頭になった。
'19.8.14 上信電鉄 佐野のわたし〜根小屋

 上信電鉄では、全列車とも通常は2輌編成での運転を行っているが、車両運行の都合により、8月13日から8月16日まで、下り103レ高崎5時55分発上州富岡行と上り112レ上州富岡7時29分発については、1輌の車輛による単行運転が行われている。使用車両のデハ251は両運転台付だが、塗装デザインは片運転台車両に準じたものになっているので、めずらしい走行風景としてファンの注目を集めている。

星出昌宏(山口県)
20190815095801-06bcce2e7d0070639e0ad80f8ac819b575a15ce3.jpg 下関へ向かう 227系サンフレッチェラッピング車。方向幕には団体表示が。
'19.8.13 山陽本線 柳井〜田布施

20190815095854-241f847048d83450d9846e2e12dc7e2941ef0677.jpg
下関駅に到着し、115系と顔を合わせた227系(別投稿 大下秀幸)。

'19.8.13 山陽本線 下関

 毎年8月13日に行われている関門海峡花火大会へ向けた団臨が、今年も柳井~下関間で運転された。これまでは、115系や113系の4連が充当されることが多かったが、今年は初めて227系3連、しかもサンフレッチェラッピング車がその任に着いた。

松田信介(大阪府)
20190815095413-33964f22bc39d2fe40889f5475395c9ca99107a6.jpg ライトアップで展示されるSL。
'19.8.13 京都鉄道博物館

 京都鉄道博物館は、2019年8月10~18日の間営業時間を19時まで延長し、扇形車庫のSL頭出し展示・ライトアップを実施している。

森 政貴(東京都)
20190815095117-53fb65fb479f47d6b81f6f8af26ab32470e4e861.jpg HMはSLから出る煙をイメージしたデザイン。
'19.8.10 東武鉄道鬼怒川線 鬼怒川温泉

 8月10日をもって東武のSL〈大樹〉が運行開始2周年を迎えた。それに伴い鬼怒川温泉駅では10日、運行開始2周年記念イベントが開催されたほか、記念のHMが掲出された(12日まで)。客車内では、缶バッジが配布されたほか、6号のみ缶バッジとキーホルダーが配布された。

中井祐希(大阪府)
20190815094723-2072cb5bd7a83aaf09eb0abaa66d3795790f8b5a.jpg 夕方の晴れ空をバックに吉成駅付近を走行するキハ40、47で組成された4輌編成の普通列車。
'19.8.12 高徳線 吉成〜勝瑞

 8月12日から開催された「徳島市阿波おどり」に伴い高徳線、鳴門線の普通列車で増結が行われた。使用車輌は徳島運転所のキハ40およびキハ47の4輌編成であった。行き先は板野行き、鳴門行き、徳島行きなど多くのバリエーションであった。普通列車以外にも特急〈うずしお〉も増結の対象であった。
 4輌での走行は「徳島市阿波おどり」での増結運転のみで人気が高く、台風10号が近づく中、12日は晴れ予報であったため例年以上ファンが集結した。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年8月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.