鉄道ホビダス

2019年8月14日アーカイブ

福田智志(埼玉県)
20190813170257-0cfa9a7c33a305acbeff1afa74b69eec73b4e8a9.jpg 芝山鉄道へリースしている3540編成の前面に「SR」のロゴマークが入った。
'19.8.13 芝山鉄道 芝山千代田

 京成電鉄から芝山鉄道へリース中の3500形の3540編成の前面に7月25日から「SR」のロゴマークが入った。このロゴマークは3600形3618編成の前面に付いていたものと同じであり、2013(平成25)年4月に車両を交換して以来実に6年ぶりの復活となった。なお現在のところラインカラーの変更は行なわれていないが、今後変更されるか動向が注目される。

森川裕介(愛知県)
20190813165838-b0324ea75b20ebdbd70b1590ea30456d689b5c23.jpg EF81現役機で唯一ステンレス車であり、貴重な展示となった。
'19.8.10 九州鉄道記念館

 2019(令和元)年8月10日、11日に九州鉄道記念館にて、鉄道の祭典~夏休みイベントin九州鉄道記念館の一環としてJR貨物のEF81形303号機が展示された。現役運用されている唯一のステンレス無塗装電気機関車で「銀釜」の愛称で人気のあり、多くのファンが集まった。撮影専用のスペースが設けられ、また家族連れには一緒に記念撮影を行う企画なども実施された。車両にはヘッドマークを1エンド側は〈スーパーライナー〉、2エンド側は〈カートレイン〉が掲出された。尚、コキ104と20GおよびZX19Aコンテナもイベントに合わせ展示された。

松田信彦(大阪府)
20190813165533-0b5ac9ede0cbf7a9b12d8c8170d47c43ac1eb023.jpg 高校野球と海水浴の2枚掲出の山陽5000系。
'19.8.13 阪神本線 出屋敷

 阪神甲子園球場では、2019(令和元)年8月6日から、「第101回全国高等学校野球選手権記念大会」が開催されている。これにあわせて山陽電鉄では、主に阪神梅田への直通特急に運用されている5000系と5030系の運転室助士側、窓内上部に高校野球副標が掲出されている。また、阪神電車でも特急に掲出している。

堀 裕一(神奈川県)
20190813165031-80d79e8d43e3b536f2b514308049c0bd4e10b3b8.jpg 大会マスコットのミライトワとソメイティのラッピングが施された1114編成。
'19.8.12 多摩都市モノレール 中央大学・明星大学

 多摩都市モノレールでは、東京オリンピック・パラリンピック開催の1年前を迎えた7月24日から「東京2020オリンピック・パラリンピック大会」のマスコットキャラクターのラッピングが施された列車が運転されている。ラッピングされた編成は1000系1114編成で、大会のマスコットキャラクター「ミライトワ」と「ソメイティ」のイラストが1両ずつ交互に張られている。ラッピングは大会終了まで行われる予定。

宮島昌之(石川県)
20190813164142-da1d7c83803e98fad3cad7b423b95fd232b5a918.jpg ラッピングが施されたE7・W7系がJR西日本管轄の区間に入線するのは同編成が初めてと思われる。
'19.8.12 北陸新幹線 新高岡〜金沢

20190813164309-2f28a8ef356a58b3c1be7e7cdd403d8c690bb8d2.jpg
先頭車輌には大きく「TOKYO 2020」の文字も記されている。

'19.8.6 北陸新幹線 金沢

20190813164432-1277dcae82bc3823d271329aed40802aa12c4573.jpg
新幹線に乗車中の「ミライトワ」。運用によっては金沢~富山間の「つるぎ」にもラッピングトレインが使用される。

'19.8.6 北陸新幹線 金沢

20190813164521-af41d28153bd3592432fcddf629aaa386fb85f39.jpg
「ミライトワ」や「ソメイティ」が競技種目や競技会場をラッピングでPR。大会公式エンブレムや応援メッセージも記されている。

'19.8.6 北陸新幹線 金沢

 東京2020オリンピック・パラリンピックのオフィシャルパートナー(旅客鉄道輸送サービス)であるJR東日本は、開催まで1年と迫った大会の気運を盛り上げようと、2019(令和元)年7月22日以降「東京2020マスコット特別車体ラッピングトレイン」の運行を始めているが、北陸新幹線で運行するJR東日本長野新幹線車両センター所属のE7系F7編成でもラッピングを施し運行を始めた。
 2019(令和元)年8月3日には、JR西日本の区間(上越妙高~金沢間)にも姿を現した模様で、E7系・W7系列で車体ラッピングを施した車輌がJR西日本の区間を走行するのは、今回が初めてと思われる。

 車体には、東京2020公式マスコットキャラクターの「ミライトワ」や「ソメイティ」が楽しく新幹線に乗車している姿や、各車輌には「アーティスティックスイミング」「3×3バスケットボール」「ゴールボール」など各競技ポーズ(公式デザイン)と競技会場が併記されている。
 「東京2020マスコット特別車体ラッピングトレイン」の運行は、来年2020(令和2)年9月下旬までを予定している。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年8月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.