鉄道ホビダス

2019年7月31日アーカイブ

松田重彦(大阪府)
20190731185351-6528d0bee72f6ac508546070bce135a47d5f1f63.jpg あすか万葉のHMが目をひく「あすか万葉」トレイン。
'19.7.31 近鉄南大阪線 河堀口

 近鉄では、明日香村と飛鳥地域のさらなる活性化を図るためPRの一環として7月30日よりラッピング車両「『あすか万葉』トレイン」の運転を開始した。6620系4両編成1本(MT22)に里中満智子さんのイラストを車体側面にラッピングのほか、ヘッドマークが掲出されてる。運転開始日には出発式が開催され、里中満智子さんによる車両へのサイン、テープカットなどを実施されました。

松田重彦(大阪府)
20190731184901-03966728f6b60bdc21b7c69c0a9694c12e148f10.jpg 古墳群のある古市行こふん列車。
'19.7.31 近鉄南大阪線 河堀口

 近鉄エリアキャンペーン「こふんまち 羽曳野・藤井寺」の一環として、6020系C75編成(3両編成)に古墳をイメージした車体ラッピングが施され「こふん列車」として運転している。側面には「ようこそ古市古墳群!」とのコメントがあり、車内の吊り革を特別な吊り革に変更するなど古墳をイメージする装飾されている。
 運転初日となった7月28日には大阪阿部野橋にて出発式を開催した。

瀧井翔一(東京都)
20190731182552-bfbc3dc9e8c4a17cb06eee3ba00eb4b3fe690b6e.jpg 航空公園駅に停車中の30000系38118編成。
'19.7.30 西武鉄道新宿線 航空公園

 西武鉄道では2019(令和元)年7月22日から9月1日にかけて、ディズニー映画最新作の「ライオン・キング」(8月9日公開)のスタンプラリーを行っている。それに合わせて、新宿線車両所所属の30000系最終増備車にあたる38118編成に「ライオン・キング」の1シーンを描いたラッピングと車内大型袖仕切り板のラッピングを施工した。
 他の8両編成運用と共通で、西武新宿線・拝島線を中心に、多摩湖線萩山~西武遊園地駅間の乗り入れも行う。なお、7月28日には野球ダイヤで池袋線・狭山線にも入線。運用の間に合いで池袋駅や豊島園駅にも顔を出した。西武線アプリの列車走行位置情報には、ライオンの足跡が表示されていることになっている。
 なお、ラッピングが施工する前の6月21日頃には、前照灯のLEDライト化も行われ、見た目の印象が少し変わったことも特筆される。

瀧井翔一(東京都)
20190731181835-c6fbfec55cc56b2b7b370ff5804ea8a81065fa47.jpg 桜木町始発で一路大宮へ向かう宮サイ102編成。
'19.7.30 根岸線 横浜

20190731181934-90d32b4a8d44c48ca185141414e270baab87ca30.jpg
ソメイティやミライトワがオリンピックの競技を描いているデザインとなっている。

'19.7.30 根岸線 横浜

20190731182021-7ea0611948fd5767e328d321958b03ec942a6bfb.jpg
今回新たにラッピング対象路線となったJR横浜線は、ラストナンバーの横クラH028編成に施された。

'19.7.30 京浜東北線 東神奈川

20190731182117-438960bc3a05b22ab800e8d3076690deadb8c38b.jpg
車体のデザインは、他のラッピング編成とほぼ同じ。

'19.7.30 京浜東北線 東神奈川

 2020(令和2)年の東京オリンピック・パラリンピック開催まで残り1年となった中、東京2020オフィシャルパートナー(旅客鉄道輸送サービス)のJR東日本では、オリンピック会場最寄り駅となる首都圏在来線を対象に東京2020マスコット特別車体ラッピングを展開している。
 山手線では7月22日からE235系トウ32編成にラッピングが施され、9月中旬まで車内にも期間限定でオリンピックの内容に統一されている。その他の路線では、中央線系統がE233系八トタT10編成、中央総武線系統はE231系八ミツA513編成、京浜東北・根岸線はE233系宮サイ102編成、横浜線はE233系横クラH028編成、京葉線はE233系ケヨ507編成、武蔵野線はE231系千ケヨMU6編成(※元ミツ29編成を転用改造)が東京2020マスコット特別車体ラッピングとなっている。
 いずれも大会が終了する2020(令和2)年9月6日頃までの運行予定だ。

宮下幸市(愛知県)
20190731180728-9deb83c85ea2f918b2322d3f1f12c03e222cc0ed.jpg 遂に本線上に姿を現した名鉄のニューフェイス。
'19.7.30 名古屋鉄道名古屋本線 矢作橋―宇頭

 2019(令和元)年7月上旬に日本車輌にて落成し、甲種輸送された名古屋鉄道の通勤形新形式車輌9500系4両(9501編成)が舞木検査場内での構内試運転等を終え、7月29日より名古屋本線にて試運転が開始された。本線試運転は舞木~本宿~豊明~伊奈(2往復)~豊明~本宿~舞木で行われた。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年7月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.