鉄道ホビダス

2019年6月23日アーカイブ

島崎 誠(神奈川県)
20190623154242-4c51ab883b743444e9a1833ab24a31e07a9e3020.jpg 名所「第二和賀川橋りょう」を走るDE10+マヤ50のコンビ。
'19.6.23 北上線 ゆだ錦秋湖―ほっとゆだ

 6月22日―23日に、仙台車両センター所属の建築限界測定車マヤ50 5001が仙台―一ノ関―北上―横手―秋田の行路で秋田総合車両センターまで配給輸送された。牽引機は仙台―一ノ関間が仙台センター所属のED75 758、一ノ関―秋田間は秋田車両センター所属のDE10 1187がそれぞれ担当した。

松田信介(大阪府)
20190623141958-fce16a71430a591e3019da114f3359fa88e0664d.jpg 「宝塚記念」HMを掲出する7000系7020編成。
'19.6.23 阪急神戸線 御影―岡本

 阪急電鉄今津線仁川駅が最寄りの阪神競馬場で、6月23日に国内で最も格付けの高い「GIレース」のひとつ「宝塚記念」(第60回・2019年)がメインレースとして開催された。これに合わせて阪急電鉄では、6月18日頃からレース当日の6月23日までの期間、仁川を通る今津線の車輌と神戸本線の車輌4編成に「宝塚記念」のヘッドマークが掲出された。
  4編成の内訳は今津線の5000系6連3編成(5004・5006・5012編成の各編成)と神戸本線の7000系8連1編成(7020編成)で、今年のヘッドマークには昨年(2018年)の宝塚記念での勝馬「ミッキーロケット号」が描かれた。

大谷真弘(静岡県)
20190623114555-5dd25aa71f20899bfc3565b1964d8461413f537d.jpg EF65 2065が牽引する2000系2109Fの甲種輸送列車。
'19.6.22 東海道本線 掛川―菊川

 日本車輌製造豊川製作所で新製された東京地下鉄2000系2109F(第9編成)6輌が、6月22日から23日にかけて、豊川から横浜本牧まで甲種輸送された。牽引機は、豊川から西浜松まで愛知機関区所属のDE10 1165、西浜松から新鶴見(信)までは新鶴見機関区所属のEF65 2065、新鶴見(信)から根岸までは同区のEF65 2094が担当。根岸からは神奈川臨海鉄道本牧線経由で横浜本牧まで輸送された。

大谷真弘(静岡県)
20190623113047-af277ba3e0cbb5534dfd604320a785e7a518b43c.jpg あじさいが咲き誇る中を「華」が通過して行った(写真は回送列車)。
'19.6.22 東海道本線 菊川―掛川

 JR東日本高崎車両センター所属の485系和式電車「華」TG02編成が、6月22日に横浜―金谷間を団体臨時列車で往復した。金谷到着後「華」は浜松まで回送列車として運転した。なお、同車輌が浜松まで運転されるのは約3ヶ月振りであった。

松田重彦(大阪府)
20190622190640-316687867163077082daa46f3a5a44853f5c7908.jpg 「アレグラ号」3両編成で運転された〈夜のあじさい号〉。
'19.6.15 箱根登山鉄道 箱根湯本

 箱根登山鉄道ではあじさいの開花時期にあわせ、6月15日より〈夜のあじさい号〉を運転。運転期間は7月2日までの予定で、6月15ー20日、7月1日、2日に「アレグラあじさい号」、6月21ー30日に「あじさい号」(使用車両はベルニナ号またはサン・モリッツ号)を運転する予定となっている。

瀧井翔一(東京都)
20190622190024-0847a781a1ad9115138442e87ab5e06334ae2fcd.jpg 再塗装されて綺麗になった10109編成。
'19.6.14 西武鉄道池袋線 飯能

 6月12日に武蔵丘車両検修場で検査入場していた10000系10109編成が出場。小手指車両基地まで試運転を行なった。その後、6月14日の飯能6:35発特急むさし10号池袋行きから営業運転に復帰している。この編成は、6月1日開催の「西武電車フェスタ2019」で公開されたうちの1編成であった。
 池袋線・西武秩父線の特急「ちちぶ」と「むさし」は、6月10日から午後の一部列車が001系に車種変更となったが、この時点で10000系の廃車はまだ1両も出ておらず、同編成は2018(平成30)年12月上旬に検査出場した10102編成及び2019(平成31)年2月下旬に検査出場した10110編成と合わせて、もうしばらくの活躍が約束されることとなった。

松田信彦(大阪府)
20190622185053-9938988bfe0f7f0d4af97690d92bd362e19c039d.jpg 15日の牽引機は長岡車両センター所属のDE10 1680で、強風のなか運転された。
'19.6.15 磐越西線 五泉ー猿和田

 6月15ー23日の土休日に高崎車両センター所属の12系4両を使用した快速〈DL青い12系客車〉が運転された。運転区間は新津(10:05発)ー会津若松(13:35着)、会津若松(15:25発)ー新津(18:40着)で、〈SLばんえつ物語〉と同区間、同時刻だった。

森 康平(東京都)
20190622181926-aee16f696b2da5cfa2320006dfdda5d81747f7b9.jpg 中央に貫通扉があるのが特徴の1013Fが出場。
'19.6.13 東急電鉄多摩川線 矢口渡ー蒲田

 5月23日に東急電鉄恩田工場に入場した1000N系1013Fが、検査を終えて出場。田園都市線内で試運転を行った後、所属先の雪が谷検車区まで回送された。信号装置の関係で、恩田ー多摩川間でデヤ7500・デヤ7550が、多摩川ー雪が谷大塚間でデヤ7500が連結された。

玉木裕一(埼玉県)
20190622181147-f3a35b6761cc64967daddbd789ff888259b6edc9.jpg EF81 140にエスコートされ、キハE130-109が郡山へ向けて北上。
'19.6.12 東北本線 土呂ー東大宮

 6月12日に幕張車両センター 木更津派出所 所属のキハE130-109が郡山総合車両センターに入場するため、木更津から京葉・武蔵野線を経由して郡山へ配給輸送された。

高橋孝一(群馬県)
20190622180115-596a811b0e7220809e4c87da3f8df7890c5f86e0.jpg 戸塚から沼田まで運転されたE257系500番代NB-12編成の団臨(復路は回送。
'19.6.12 高崎線 倉賀野―高崎

 JR東日本幕張車両センター所属のE257系500番代NB-12編成5両を使用した団体臨時列車が、6月12日に戸塚から上越線沼田まで運転された。NB-12編成は豊田常駐の波動用編成で、その動向が注目される。

大谷真弘(静岡県)
20190622175208-b1dc080f738e4529cd42c8a995a4f6eb198617ef.jpg 遠江一宮で「Re+(リ・プラス)」と行き違い。
'19.6.11 天竜浜名湖鉄道 遠江一宮

 JR東海名古屋車両区所属のキヤ95形DR1編成"ドクター東海"が、6月11日に天竜浜名湖鉄道掛川から新所原までの全線で検測した。途中、遠江一宮駅では沿線のお茶の葉とみかんをイメージした「Re+(り・プラス)」ラッピング車輛TH2101の126レと行き違いした。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年6月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.