鉄道ホビダス

2019年6月 3日アーカイブ

堀 裕一(神奈川県)
20190605220141-4dc37084bf85c49afff015d87387192e5316229b.jpg 電車撮影会では新型特急001系"Laview"が展示され、注目を浴びた。
'19.6.1 西武鉄道 武蔵丘車両検修場 P:堀 裕一
20190614164813-efc92d46b472c242fe804ff481c0234c9727ac43.jpg 展示された新101系245編成クハ1245。
'19.6.1 西武鉄道 武蔵丘車両検修場 P:大森岳人
 西武鉄道では6月1日、武蔵丘車両車両検修場にて「西武電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両車両検修場」を開催した。会場では、車輌操作体験や台車入れ作業の実演、車輌撮影会やグッズ販売などが行われた。
 今回の車輌撮影会では、今年3月16日にデビューした新型特急車輌001系"Laview"が展示され、来場者の注目を集めていた。また、会場へのアクセス手段として、飯能駅と会場を結ぶ臨時直通電車が運転された。
前田明彦(埼玉県)
20190605215852-05b07ed8f97c62f8e08f004f6fc1a8cf8de13aec.jpg 親しまれてきた「青い電車」も見納めに。
'19.6.1 東武鉄道 越生線 武州唐沢―越生
 東武鉄道では、東上線末端区間および越生線で運用されている8000系のうち、"青い鳥号"ラッピングが施された8198編成に「BLUE BIRD さようなら 青い鳥号」ヘッドマークの掲出を5月31日より開始した。掲出期間は6月28日までで、青色ラッピング自体は7月上旬に終了予定である。
瀧井翔一(東京都)
20190605215356-48665c196b8f8372fe1a86174bd028b0d521761a.jpg 6輌編成で試運転を行う3002編成。8輌編成への増強が決まり、この姿も今後貴重になっていく。
'19.5.29 東京急行電鉄 田園都市線 長津田
 5月29日、長津田車両工場に入場していた元住吉検車区所属の目黒線用3000系3002編成が、同工場内での重要部検査が完了し、恩田~鷺沼~長津田間の経路で試運転が実施された。その後は同日中に、元住吉検車区へ回送された。
 3000系は今後、相鉄線への乗り入れおよび6輌編成から8輌編成の増強が決まっており、6輌編成で試運転が行われるのは貴重な光景になっていくものとみられる。なお、3000系は量産先行車の3001編成が8輌編成として、1999年4月16日から2000年1月15日までの期間限定で東横線の運用に就いた実績がある。ホームドアや8輌編成対応ホームの延伸工事などの施工に合わせて、相鉄線への乗り入れ開始までに再び8輌編成となる予定だ。
瀧井翔一(東京都)
20190605214013-c2f8fa93b78b1ae4df8d3334cca6d67446e731e3.jpg 今回"Q SEAT"が連結された6000系6101編成の3号車デハ6301。
'19.5.29 東京急行電鉄 大井町線 溝の口
 東急電鉄大井町線では、平日ダイヤのみ、有料座席指定サービス"Q SEAT"を連結した6020系を用いて夜間に大井町発急行長津田行きを5本運転しているが、このほど6000系6101編成が3号車を"Q SEAT"仕様のデハ6301に組み替えた7輌編成となり、5月28日から運転を開始し、早速"Q SEAT"連結指定列車に充当された。
 デハ6301は、東芝製のVVVFインバータ制御装置と車体構造・ドアチャイムは6000系を、内装や座席は電源コンセントなどを装備した6020系"Q SEAT"仕様をそれぞれベースとしており、これらをミックスさせた格好となっている。また、従来の6輌についても液晶ディスプレイがアニメーション対応の17インチワイド型2画面へ更新され、6102編成も今後同様な措置が取られるものとみられる。
 なお、編成から外された旧デハ6301については、比較的新しい2017年度製造ということもあり、今後の動向が注目される。
レイル・マガジン

2019年6月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.