鉄道ホビダス

JR貨+東急】3020系3122編成 甲種輸送

田部井毅大(東京都)
20190531163802-6514bd0a7c8e36d97f018d2d5f021c7b69b01893.jpg 東急3122編成の甲種輸送列車が、武蔵野貨物線から南武線に渡る。
'19.5.28 武蔵野線 府中本町
 5月28日から30日にかけて、総合車両製作所横浜事業所にて落成した東急電鉄目黒線向けの3020系3122編成(8輌編成)の甲種輸送が逗子~長津田間で実施された。逗子~八王子間は8輌、八王子~長津田間は4輌ずつに分割のうえ輸送され、牽引は逗子~新鶴見(信)間を新鶴見機関区所属のDE10 1749が、新鶴見(信)~八王子間を新鶴見機関区所属のEF65 2080がそれぞれ担当した。
 東急目黒線向けの3020系は、6輌編成×3本の体制で2019年秋の運転開始が予定されているほか、2022年度上期以降、6輌編成から8輌編成に順次変更することが東急電鉄より発表されている。
レイル・マガジン

2019年5月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.