鉄道ホビダス

【阪急】8000系30周年記念列車 第2弾運転

松田信彦(大阪府)
20190528210400-4b8524122ff2a75e1a3e18ff5b1022b908225f2e.jpg トップナンバー8000が再びデビュー時の姿に。
'19.5.23 阪急電鉄 神戸本線 梅田
20190531134616-246b4d83f5fd6c14071f9165fdbcc9ee72f7f3e7.jpg 車体前面窓下飾り帯の再現された8300系。5月24日より京都線8300系8300Fにも施行された。
'19.5.26 阪急電鉄 京都本線 茨木市
 阪急電鉄では8000系車両誕生30周年記念列車・第2弾の運転を5月22日より開始した。今回は神戸線:8000編成・宝塚線:8004編成・京都線:8300編成の3編成を対象に、前面窓下飾り帯、Hマーク、旧社章の装飾は第1弾と同様に行い、記念ヘッドマークは新たに30年前のデビューヘッドマークをイメージしたデザインなど4種類を制作、各列車で掲出する。5月22日には神戸線所属の8000編成から運転を開始した。今後、順次運転が開始される予定である。
 ヘッドマークの掲出は9月30日までで、それ以降、11月1日のキャンペーン終了までは、ヘッドマークなし・Hマークなどの装飾ありでの運行が予定されている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年5月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.