鉄道ホビダス

2019年5月27日アーカイブ

藤原匡秀(東京都)
20190527205908-47281a6cd6c4de98ba3c4f194f5cc1e6539037b4.jpg 展示されたEF65 2101には「令和」ヘッドマークが掲出された。
'19.5.25 大宮総合車両センター・大宮車両所 P:森 照泰
20190527210048-1279f4526ca4e310f76dc06c086c93128ed2137e.jpg 国鉄色同士のEF65。寝台急行〈銀河〉のヘッドマークが掲出された。
'19.5.25 大宮総合車両センター・大宮車両所 P:天本 翼
20190527210322-a32433e97690a53a61f8808820f124f59554226a.jpg EF65 2101〔新〕は「令和」の特別ヘッドマーク、EF65 1102〔田〕は「はやぶさ」のヘッドマーク。
'19.5.25 大宮総合車両センター・大宮車両所 P:藤原匡秀
20190527210520-824a26f9e1cbfe50f4eb2a5b51920ef7ab804e04.jpg イベントならではの〈カシオペア〉同士の並び。
'19.5.25 大宮総合車両センター・大宮車両所 P:天本 翼
20190527210602-af5985aba108a2095a9f51cc2808ae9440c5a893.jpg 西濃運輸の貸切貨物を記念する特製ヘッドマークを掲出。
'19.5.25 大宮総合車両センター・大宮車両所 P:天本 翼
20190527210653-e3e164030d475161fcae42388bda99887ccb9cd5.jpg 「西口まちなか会場 エア遊具こどもひろば」の今年のエア遊具は、E7系〈かがやき〉。
'19.5.25 大宮駅西口JACK大宮南側広場 P:藤原匡秀
20190527210809-403db60628a7a18e0f2332f0be8258e2f7c623a0.jpg イベント前日に送り込まれた、田端運転所のEF65 1102・EF81 139と尾久車両センターのカヤE27 501。旅客線~貨物線を経由して、大宮へ向けてラストスパート。
'19.5.24 東北貨物線 浦和―大宮 P:玉木裕一
20190527211032-1e8efdc4813165fe3354613e31ee9159cd2a7770.jpg 大宮公開を終えて、いったん蓮田まで向かい尾久へと帰路する。
'19.5.25 東北本線 土呂―大宮 P:玉木裕一
 JR東日本大宮支社では、さいたま市と共同主催およびJR貨物関東支社との共催で、5月25日に「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2019」を開催、例年通りJR東日本大宮総合車両センターとJR貨物大宮車両所の「車両センター会場」、大宮駅東口周辺の「東口まちなか・大宮駅構内会場(銀座通り・大宮駅コンコースほか)」、大宮駅西口周辺の「西口まちなか会場(鐘塚公園ほか)」と複数会場で各種イベントなどが催された。
 「令和」初となった今年の「車両センター会場」では、試験線試乗会には同センター所属の185系0番代C5編成を使用し、前面ヘッドマークおよび側面幕には特急〈踊り子〉を掲げて運転した。また、車輌展示では、庫外展示車輌にJR東日本からEF81 139〔田〕・EF65 1102〔田〕・カヤ27 501(尾久車両センター所属)、JR貨物からEF65 2101〔新〕が展示され、EF81 139とカヤ27 501には〈カシオペア〉のヘッドマークが終日掲げられたほか、EF65 1102とEF65 2101は横に並べて展示された。両機はいずれも国鉄時代に旧・東京機関区に新製配置された車輌で、同機関区および田端運転所所属時(2101号機は当時1101号機)に寝台特急ブルートレインの牽引機としての実績もあることから、両エンドには時間帯によってさまざまなヘッドマーク(あさかぜ・あけぼの・トマムスキー・彗星など)が掲げられた。また、午前中には〈津軽〉(2101号機の大宮駅向き)、〈銀河〉(両機の大宮駅向き)、午後には〈さくら〉(両機の大宮駅向き)のヘッドマークがそれぞれ掲げられるという粋な計らいであった。
 そして庫内では、休憩車輌にサハE230-3(廃車予定の6扉車:三鷹車両センター所属)、車掌放送体験車輌にクモハ204-1105(中原電車区所属:鶴見線用)、JR貨物大宮車両所では、EH500-22・2(いずれも〔仙貨〕、2号機は運転室公開機として)、EH200-2〔高〕、EF65 2089、HD300-4(いずれも〔新〕、ただしHD300-4は車両所北側の庫外に展示され、「祝 大阪←→仙台 専用列車運転記念 2018.5.19 西濃運輸」のヘッドマークが掲げられた)が展示され、EF64 1037〔愛〕(1エンド側に〈北陸〉、2エンド側に「JR貨物 がんろう岡山 がんばろう広島」のヘッドマークを掲出)が車体移動・台車載せ実演機としてクレーンに吊り上げられて空中を遊泳した。
 そのほかの車両センター各会場では、例年通りメンテナンス作業実演、ミニSL、ミニ新幹線、遊覧列車「はやぶさ号」の運転、トラバーサー搭乗体験など行われた。さらに、「東口まちなか・大宮駅構内会場」では大宮駅構内で「大宮駅てつどう屋台コーナー」などが、大宮駅西口周辺の「西口まちなか会場」では、「エア遊具こどもひろば」や「Nゲージ運転体験」、「鉄道市」などが開かれ、多くの人で賑わっていた。なお、例年、開催開始時刻は午前9時30分であるが、今年は「令和」初や晴天に恵まれたこと、魅力のある展示車輌のラインナップなどから会場前に多数の来場客が訪れたため、開始が15分早まり9時15分から開場となった。
高橋孝一(群馬県)
20190527205130-ff6f7d39ec7465dcafeb1d1d3b475ade709ed9e2.jpg EF64 37には〈あけぼの〉、EF64 1001には〈出羽〉、EF81 97には〈鳥海〉のヘッドマークが掲出された。
'19.5.26 高崎車両センター高崎支所・高崎機関区 P:高橋孝一
20190528213350-09a613b7800a1b5477b03ae07b2524bbeb7b4d5c.jpg 展示された車輌のうち、C61 20には〈ゆうづる〉のヘッドマークが装着され、転車台上での展示となった。
'19.5.26 高崎車両センター高崎支所・高崎機関区 P:片平宏之
 JR東日本高崎支社では、従前は秋頃に開催されていた「高崎鉄道ふれあいデー」を今年は会場を変更し、5月26日に開催した。第1会場となった高崎南部現業事務所および新幹線保守基地では、新幹線保守用車などの展示が行われた。そして第2会場の高崎車両センター高崎支所およびJR貨物高崎機関区では、C61 20・EF64 37・EF64 1001・EF81 97・EH200-901・EH500-901・HD300-901といった人気の機関車や現在も活躍する901号機の展示が行われた。特にC61 20には、寝台特急〈ゆうづる〉のヘッドマークが掲出されて注目を集めていた。
 また、レールスターの乗車体験や高所作業車乗車体験などの体験型メニュー、新幹線変形ロボ「シンカリオン」との記念撮影、駅長・SL車掌こども用制服記念撮影、当日限定の記念弁当や「高崎おかみ弁当」、鉄道グッズの物販など、普段とは違う視点で鉄道にふれあえるイベントが多数用意されていた。
笠原総人(神奈川県)
20190527204318-afe33f100177c5f781f53776f07535890ba8ab2c.jpg 快晴のもとを走行する〈なつかしの新特急なすの〉。
'19.5.26 東北本線 浦和―赤羽 P:高橋賢士
20190527204954-6f9bfa89bd8403dabc0e53b10aa6b199dbe44c2c.jpg 懐かしのヘッドマークが再現された。
'19.5.26 東北本線 浦和―赤羽 P:笠原総人
 5月26日、大宮総合車両センター所属の185系B8編成を使用した特急〈なつかしの新特急なすの〉が上野~黒磯間で一往復運転された。この列車は「本物の出会い 栃木」アフターデスティネーションキャンペーンの一環として運転され、往年のヘッドマークを再現したシール式のヘッドマークが掲出された。
 なお、往路は5001M・復路は5006Mの列車番号で運転され、定期運転時にほぼ同時刻で走行していた新特急〈なすの〉の列車番号と揃えられていた(写真は送り込み回送)。
前川昌廣(奈良県)
20190527203320-a9b82bcc4584e7ab866107d53c33de88b6962dad.jpg 特製ヘッドマークが取り付けられた185系。
'19.5.25 東海道本線 湯河原―熱海
 5月25・26日に開催されたイベント「横浜セントラルタウンフェスティバルY160」に伴い、旅行商品「横浜セントラルタウンフェスティバル Y160記念列車の旅」が企画され、185系B5編成を用いて運転された。25日の往路は根岸線石川町を出発し、浜川崎・鶴見を経由して熱海まで運転され、一方の復路は熱海から東海道本線・東海道貨物線を経由して、再び石川町に戻るルートであった。なお、翌26日は同じ行路で、富士川まで一往復運転された。
堀 裕一(神奈川県)
20190527202507-9c489230346d4e6938ac03af7eaf124df95d8597.jpg 今年の車輌展示のメインは、"SE"と"GSE"による夢の共演。
'19.5.25 小田急電鉄 海老名車両基地 P:堀 裕一
20190528213523-73ba7326d23ba7826aa4a5b3b68e781d580ebf5c.jpg 1000形1060編成も展示。新5000形の導入も決まり、今後の動向が注目される。
'19.5.25 小田急電鉄 海老名車両基地 P:瀧井翔一
 小田急電鉄では、5月25・26日に海老名車両基地とビナウォークにて「小田急ファミリー鉄道展2019」を開催した。第一会場では車輌機器操作体験コーナーや特急ロマンスカー・SE特設コーナー、グッズ販売などが行われた。特に今年の車輌展示の目玉は、3000形"SE"と70000形"GSE"による夢の共演であったため、多くのレイル・ファンから注目を集めていた。
杉本 浩(三重県)
20190527201941-0f372b7d609464bb955fb67a8bee227e98b215d3.jpg 上り快速〈みえ4号〉と交換する臨時急行列車。
'19.5.26 紀勢本線 六軒
20190527202113-fd0bc5eb9644de316e2d514e785e5fb4662971ce.jpg 特製ヘッドマークが掲出された熊野市方先頭車。
'19.5.26 紀勢本線 六軒
 JR東海では5月26日、熊野古道の世界遺産登録15周年を記念した臨時急行列車〈熊野古道世界遺産登録15周年記念号〉を関西本線名古屋から伊勢鉄道経由で紀勢本線熊野市まで、キハ85系4輌編成を使用して運転を行った。熊野市方先頭車には特製ヘッドマークが掲出され、名古屋方先頭車のヘッドサインは「臨時」表示であった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年5月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.