鉄道ホビダス

2019年5月24日アーカイブ

藤原匡秀(東京都)
20190524205835-46ac092c3b670ebe53412a9577508b91ddf615f3.jpg 入換後、EF65 2117〔新〕の推進で大宮駅貨物14番線に入線するHD300-901〔新〕。
'19.5.20 東北本線 大宮
20190524205921-4bb3f6da6a1197751644853760a7e9698ef3838b.jpg 改元のためか、検査票の年月表記は西暦標記となったHD300-901〔新〕。
'19.5.20 東北本線 大宮
 JR貨物では、5月20日に新鶴見機関区所属の入換用ハイブリッド機関車HD300-901が、検査を終えて大宮車両所を出場、大宮~東大宮(操)~大宮(操)~西浦和~府中本町~新鶴見(信)の経路で新鶴見機関区まで重連単機で回送された。牽引機は、同機関区所属のEF65 2117が全区間を担当した。
 今月は元号が「平成」から「令和」に改元されたためか、今月7日に出場したM250系に引き続き、同機も検査票の年月標記が西暦で「2019-5」と標記されていた。この措置は、令和元年である今年に出場する機関車すべてに適用されるものと思われる。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年5月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.