鉄道ホビダス

2019年5月21日アーカイブ

廣島一貴(東京都)
20190521202246-794896f3c59f076c8701810f0470cb92c4ea1b39.jpg 引退を控えた800形をはじめとする京急の代表車輌が展示された。
'19.5.19 京急ファインテック久里浜事業所
20190521202302-f974315ff133411495f7be32b5e6fe695ecea774.jpg 旧1000形は再塗装されたきれいな状態で展示され、車内も公開された。
'19.5.19 京急ファインテック久里浜事業所
20190521202317-4a74051afd91aab7bd734e2009c604a401bf17e2.jpg 2000形はさよならヘッドマークが掲出された状態で展示された。
'19.5.19 京急ファインテック久里浜事業所
 5月19日、毎年恒例の「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」が京急ファインテック久里浜事業所内で開催された。今年の車輌撮影会では、今年6月に引退を控えた800形の展示をはじめ、京浜急行電鉄を代表する車輌が展示された。また、工場内では、昨年に引退した2000形や、9年前に引退した旧1000形も展示された。特に旧1000形は、還暦60周年ヘッドマークが掲出されたほか、車内も公開された。
 このほかにも、工場内の公開、グッズ・部品の販売、ステージイベント、飲食物の販売など、多数の催しが実施された。
永野真幸(福岡県)
20190521201908-531bafd75fb49fd2f4d27e170a1aecc69f653685.jpeg マヤ34をプッシュプルで牽引。DE10 1755が先頭に立つ。
'19.5.18 鹿児島本線 大牟田
 5月17日から18日にかけて、熊本車両センター所属のマヤ34 2009を使用した検測列車が豊肥線・久大本線・三角線で運転された。牽引は熊本車両センター所属のDE10 1638と鹿児島車両センター所属のDE10 1755によるプッシュプル方式で行われた。鹿児島車両センターの所属機であるDE10 1755が九州北部地区の検測を担当するのは、珍しいものと思われる。
高橋孝一(群馬県)
20190521201108-17ffd355dfb0eea3272f5778cfa8c69cdba70357.jpg キハ111-204の車体側面に貼り付けられたD51 498のラッピング。
'19.5.19 高崎線 高崎車両センター高崎支所―高崎
 蒸気機関車D51 498の動態復活30周年記念および「SLぐんま」の周知を図るため、八高線で運行中のキハ110系にD51 498のラッピングと「SLぐんま」の広告が掲出され、5月中旬から運行が始まっている。運行期間は11月下旬まで予定されており、運行区間は高崎~高麗川間。D51のラッピングが貼り付けられている車輌は、高崎車両センター高崎支所所属のキハ111-204である。
船越知弘(茨城県)
20190521200353-4e6131309af7cdf2bae31d625a803275e3870309.jpg ミキ300-103が新ラッピングとなって登場。
'19.5.19 ひたちなか海浜鉄道 湊線 中根―高田の鉄橋
 ひたちなか市の市制施行25周年およびひたちなか市内で行われるイベント「ロックインジャパン」20周年の節目を記念してミキ300-103が新ラッピングとなり、"ロックトレイン"として運転を開始した。運転初日となった5月19日には、那珂湊駅で盛大な出発セレモニーが開催された。
 このラッピングは、今年のロックインジャパン開催直後の8月13日まで施される予定。なお、それ以降は元の三木鉄道色に戻される予定である。
鶴井雅人(大阪府)
20190521200127-dd2cb19c8ab8faa36a7e38df9042868c08ced2a7.jpg 新緑の鮮やかな秋田路を北上する〈カシオペア紀行〉。
'19.5.18 奥羽本線 森岳―北金岡
20190521195631-d3d6ae8131411eda1374c1effd5fa68c6e3e18fc.jpg 送り込み回送時もヘッドマークを掲出しての運転となった。
'19.5.18 羽越本線 羽後亀田―岩城みなと
 5月18日から19日にかけて、秋田駅発の〈カシオペア紀行〉が秋田~青森~上野間にて奥羽本線・青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道・東北本線経由で運転された。牽引機は全区間、田端機関区のEF81 98であった。なお、同列車の送り込みに際しては久しぶりに高崎・上越・羽越本線経由での運転となり、青森方にヘッドマークが付いた状態での回送となったことから、沿線各地域で多くのレイル・ファンが列車の姿を見送っていた。
阿部雄司(愛知県)
20190521194927-87ce514214807f7a7427a337f5cb22937cc0b997.jpg 臨時列車ごとにヘッドマークを変更して掲出しており、それぞれの個性を表している。
'19.5.18 東海道本線 共和―大府
 「静岡デスティネーションキャンペーン」の開催に合わせて、5月18日に急行〈しずおかお茶づくし号〉が運転された。運転区間は名古屋~藤枝間(片道)で、静岡車両区に所属する373系F14編成が用いられ、先頭車輌にはオリジナルヘッドマークが掲出された。
高橋孝一(群馬県)
20190521194507-374caa60f5b9575b9f41c0379e58922f631b6e45.jpg 群馬プレデスティネーションキャンペーンに合わせて運転された209系"B.B.BASE"。
'19.5.18 高崎線 倉賀野―高崎
 「第7回 榛名山ヒルクライム in 高崎」の開催に伴う団体専用列車が5月18日、両国から高崎まで往路のみ運転された。使用された車輌は幕張車両センター所属209系2200番代のサイクリング専用車輌"B.B.BASE"J1編成6輌で、営業運転としては高崎に初めての入線であった。なお、5月19日には復路の分が運転された。
上野 洋(愛知県)
20190521193911-b8ead4febefe8ed8ad882799a8752c3d822c92b3.jpg JR東海の観光列車としてお馴染みとなった急行〈ぬくもり飛騨路号〉。
'19.5.18 高山本線 白川口―下油井
 JR東海の臨時急行〈ぬくもり飛騨路号〉が5月18日より運転を開始した。キハ85系4輌編成が使用され、名古屋から飛騨古川まで片道運転、全車指定席である。また、景勝地での徐行運転や、車内および停車駅でのおもてなしなどが行なわれた。
 なお、5月25日と6月1日にも運転される予定である。
鈴木岳人(埼玉県)
20190521193027-b753883d6f154eff0bd95d51f1a4827351771f52.jpg 令和最初のわくわく鉄道フェスタでは8000系も展示された。
'19.5.18 秩父鉄道 広瀬川原車両基地 P:堀 裕一
20190521193042-9aa1166612ba7eabd78f8f61d1a70a00733e2f6b.jpg ピンク色のデキ504とグリーンのデキ505の並びが実現。
'19.5.18 秩父鉄道 広瀬川原車両基地 P:鈴木岳人
20190521193055-83604c7479018edea09eb6a9dd7020f4c08bf96d.jpg ディーゼル機関車運転席乗車体験も行われた。
'19.5.18 秩父鉄道 広瀬川原車両基地 P:鈴木岳人
20190521193111-fad8e9157a4570b7ee86315c097e3dbd777fd835.jpg 今年から保線・電気設備の展示も行われた。
'19.5.18 秩父鉄道 広瀬川原車両基地 P:鈴木岳人
 5月18日、秩父鉄道広瀬川原車両基地にて「わくわく鉄道フェスタ2019」が開催された。ディーゼル機関車の運転席乗車体験や6000系の台車ブレーキ操作体験、トラバーサー乗車体験などのほか、今年は保線・電気設備の展示も行われた。車輌展示では、ラグビーワールドカップラッピングトレインや東武鉄道8000系が展示されたほか、このイベントより新色デビューとなる、グリーンに塗り替えられたデキ505とピンク色のデキ504との2台並びが実現した。
 また、鉄道アイドルのライブやブラスバンドの演奏など、ステージイベントも充実しており、大勢の来場者で賑わっていた。
松田重彦(大阪府)
20190521192550-507b956159357b8fa35cf66df46add22852dd8e8.jpg 「新快速」表示の117系。
'19.5.18 吹田総合車両所
 5月18日、吹田総合車両所にて一般公開が実施された。開催時間は10:00~15:30。117系・145系・227系・323系・201系・681系・683系などの車輌展示をはじめ、クレーンによる車体移動実演、トラバーサーの入換実演、車輌乗車での構内見学、運転士体験、ミニSL・軌道自転車の乗車体験、グッズ販売などが行われた。会場は多くの家族連れやファンで賑わっていた。
松田信介(大阪府)
20190521185118-bd1a4c43b65913e9161d3b4ae2307777270cd6ed.jpg 阪神本線を潜り、尼崎へ進入する22600系AF01編成。
'19.5.18 阪神電気鉄道 なんば線 尼崎
 近畿日本鉄道では5月18日、阪神電気鉄道なんば線の開業10周年企画の一環として、「名古屋から甲子園まで直通 近鉄特急車両で行く 甲子園プロ野球観戦ツアー」に伴う臨時列車の運転を行った。運転区間は近鉄名古屋(8:37発)~甲子園(11:47着)間であった。なお、22600系AF01編成4輌が使用された。
鶴井雅人(大阪府)
20190521184621-3400a54da79f9799ce478006c3bdb0ecb84b2667.jpg EF64 1030に牽引されて上越線を北上する205系。
'19.5.17 上越線 新前橋―群馬総社 P:大野敦史
20190521184641-279098b1bd9c5b3378a68ef041f8684abc0338a3.jpg 初夏の岩原を行く205系ケヨM35編成の配給列車。
'19.5.17 上越線 津軽中里―岩原スキー場 P:鶴井雅人
 5月17日、京葉車両センター所属の205系ケヨM35編成がインドネシアに向けて譲渡のため、新習志野~新津間で配給輸送された。牽引機はEF64 1030であった。毎回恒列となっている編成最後尾の行先表示は、LED風で「快速 むさしのドリーム ジャカルタ」と表示されていた。
 なお、ケヨM35編成は、5月13日の15E運用をもって運用から離脱していた。
レイル・マガジン

2019年5月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.