鉄道ホビダス

2019年5月14日アーカイブ

古橋佑介(千葉県)
20190514203448-aed6e4efe326c5e89ed9e42138348cc98ba5de65.jpg 2107編成6輌が輸送された。
'19.5.4 東海道本線 掛川―菊川 P:大谷真弘
20190514203158-2f744975d6db561f7e6cf001473c9229cf8b3134.jpg 令和になり初の甲種! 天候は不安定であった。
'19.5.4 東海道本線 興津─由比 P:古橋佑介
 5月4日から5日にかけて、東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線用2000系6輌編成(2107F)の甲種輸送が豊川~新鶴見(信)~根岸間で行われた。牽引機は、豊川~西浜松間は愛知機関区所属のDE10 1165、西浜松~横浜羽沢間は新鶴見機関区所属のEF65 2065、横浜羽沢~根岸間は同区所属のEF65 2063であった。
二ノ宮忠勝(東京都)
20190514202253-b75dfae0337d099956b0d80cfb2d6b92c07c1529.jpg 観光鉄道での復活を目指して、C2形蒸機が整備された区間を走る。
'19.4.29 豫見鉄路
20190515180306-897ee123e9ef062ae45b3a8a6ab3003714ebda9c.jpg 朝陽溝森林公園駅での入換風景。
'19.4.29 豫見鉄路
20190515180341-3b5f361360a5ba2f95e060658cad3ac7da4702a0.jpg プッシュプル牽引につき、大治駅からの折り返しはNY380形ディーゼル機関車が先頭に立つ。後方に見えるのが大治駅。
'19.4.29 豫見鉄路
 中国河南省には多くのナロー鉄道が存在していたが、最後まで運行されていた路線のひとつである朝杞線のうち、「少林寺」で有名な登封市の朝陽溝森林公園駅から新密市の大隗駅までの約61kmを整備して、C2形蒸機やNY380形ディーゼル機関車を使用した観光列車を走らせる豫見鉄路が建設中である。2011年に設立され、豫見鉄路を運行する河南豫見鉄路文化発展有限公司(孫西昌社長)のご厚意で、4月29日午前中にC2形蒸気機関車7号機の罐に火が入れられ、客車2輌とNY380形ディーゼル機関車を連結して、大治駅までの10km程の区間で走行シーンを撮影することができた。なお、C2形蒸機は9輌を保有しており、そのなかで稼働できるのは7輌とのことである。

【JR海】211系が武豊線に入線

阿部雄司(愛知県)
20190514201742-3a0bda98ceabd9a0872a9245d030b477c82cb437.jpg 爽やかな初夏の青空のもと、211系がゆく。
'19.5.4 武豊線 尾張森岡―大府
 5月3・4日に武豊線沿線で行われた「亀崎潮干祭」に伴い、日中は313系2輌編成で運行されている列車を4輌で運転するため、応援として神領車両区所属の211系4輌編成が武豊線に入線した。5月3日はK1編成、5月4日はK6編成が用いられた。なお、これらの編成は、同様に応援として投入された313系4輌編成と併結して所属区から大府まで回送され、大府へ到着後に分割して定期列車に充当、終了後に再度併結して所属区に戻る運用であった。
福田智志(埼玉県)
20190514201141-c1e5ca3670c7212e73f15f61882b280389884635.jpg 佐野駅では佐野市のマスコットキャラクター「さのまる」がお出迎え。
'19.4.29 東武鉄道 佐野線 佐野
 東武鉄道では、4月27・29・30日の計3日間、臨時列車〈春の花めぐり号〉を運転した。往路は柏~佐野間、復路は佐野~東武動物公園間で運転され、前面にヘッドマークシールを掲出した60000系が使用された。なお、60000系が営業運転で東武佐野線を走行するのは、今回が初の出来事であった。また、佐野駅では佐野市のマスコットキャラクター「さのまる」によるお出迎えが行なわれた。
福田智志(埼玉県)
20190514200218-b10e195827fdedf18ac3de4f66be2fd82bcbabe5.jpg 始発駅の本川越では出発式が行なわれた。
'19.4.27 西武鉄道 新宿線 本川越
20190514200237-7efc405074a6cd6e1b8c6c048e0a37f6d7271ef5.jpg "Laview"で表示された「特急 小江戸」。
'19.4.27 西武鉄道 池袋線 飯能
 西武鉄道では、4月27日から5月6日まで、新宿線で初めて新型特急車輌001系"Laview"の営業運転を行った。運転区間は本川越~所沢~飯能間の1往復で、運転開始初日の4月27日には本川越駅で出発式が行なわれた。往路は〈むさし90号〉、復路は〈小江戸92号〉として運転され、初めて"Laview"が「小江戸」を表示したことも注目された。
瀧井翔一(東京都)
20190514194910-b90d3db7940e05d99e1ea4cd01bffce1a27c4e28.jpg レッドライン5601編成のヘッドマークデザインは、かつて同線を走行した500形をイメージしたもの。
'19.4.29 湘南モノレール 江の島線 大船
20190514194927-c139a807a171d47deae022282f4d564833ed3fe9.jpg ブラックライン5611編成のヘッドマークはメルヘンチックなデザインとなっている。
'19.4.29 湘南モノレール 江の島線 大船
20190514194941-8939e3138aa53f8edca5edc0327a5a46cb48972f.jpg イエローライン5607編成のヘッドマークデザインは、「令和」の大きな文字に万葉集の出典を添えた内容のものを掲出。
'19.5.1 湘南モノレール 江の島線 大船
 湘南モノレールでは、今年4月13日からグリーンライン5605編成に"ポップサーカス"号のヘッドマークと車体ラッピングが掲出されたが、その後、ヘッドマークの掲出が相次いだ。まず、レッドラインの5601編成には、4月20日から29日頃にかけて湘南江の島側先頭車のみに裏鎌倉の登り坂の風景を描いた特製ヘッドマークを装着した。このデザインは、かつて同線を走行した500形が描かれており、懐かしい風景が蘇った。
 続いてブラックラインの5611編成には、4月27日から10連休最終日の5月6日頃まで、「NILKLY」のメンバー・平澤茅衣さんが5月1日に誕生日を迎えることから、それを祝うバースデーヘッドマークを大船側先頭車に掲出した。なお、同編成にとっては、久しぶりのヘッドマーク掲出であった。そして、イエローラインの5607編成には、4月30日に「さようなら、平成 よろしくね、令和」の入場券をイメージした特製ヘッドマークを一日限定で装着した。こちらは大船側先頭車・湘南江の島側先頭車どちらにも装着された。当初は湘南深沢駅で他編成と車輌交換のうえ、日中時間帯からの運行が予定されていたが、早朝の湘南深沢駅からの出庫時点で装着する格好に改められた。
 その翌日、5月1日には、同編成のヘッドマークが「令和」の文字を描いたデザインに付け替えられ、こちらも一日限定で走行した。
レイル・マガジン

2019年5月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.