鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【JR東】E233系0番代T24編成が「中央線開業130周年記念」仕様に

【JR東】E233系0番代T24編成が「中央線開業130周年記念」仕様に

瀧井翔一(東京都)
20190415215016-571b99fb0ae39761647aa4ac933fb7ddae98de63.jpg 国分寺駅へ進入する中央特快東京行きE233系0番代T24編成。
'19.4.8 中央本線 西国分寺―国分寺 P:瀧井翔一
20190415215032-58e7a94f650982b20f582cd2d99dc31d7f05ce94.jpg ヘッドマークは、立川駅社員によるデザインで仕上げられた。今後は別のものに付け替えられる計画。
'19.4.8 中央本線 国分寺 P:瀧井翔一
20190415215058-101513ab9f3d16cba0f9c078165cba0df8a2bc04.jpg 車体側面はかつての201系を模して、所属や車輌番号などの標記は国鉄フォントで再現されている。
'19.4.8 中央本線 立川 P:瀧井翔一
20190425173624-af1e3e2851b79a0ce058ac9cf20762e03fa62bce.jpg 9年ぶりにオレンジの列車が中央線へ戻ってきた。
'19.4.14 中央本線 豊田―日野 P:近藤規夫
 JR東日本八王子支社では、1889年4月11日に甲武鉄道として新宿~立川駅間が、同年8月11日に立川~八王子駅間が開業してから、2019年でちょうど130年を迎えるのを記念して、4月6日~8月31日までの期間に「中央線開業130周年記念キャンペーン」を開催する。これに合わせて、豊田車両センター所属のE233系0番代T24編成に特製ヘッドマークの装着、およびかつて同線で運用されていた201系をモチーフにしたバーミリオンオレンジ色のラッピングが側面に施され、4月8日の豊田駅7時17分発快速東京行きから運転を開始した。「クハE232-24」などの形式車番標記はグレーに国鉄時代の丸ゴシック体で、所属や定員などの標記も国鉄フォントの「八トタ」、そして乗務員室横のJRマークは白文字でそれぞれ標記されるなど、201系を再現している。
 なお、4月13日には立川駅の青梅線ホーム(2番線)で11:00~14:00に同編成の展示を行なうほか、中央線の歴史写真展などが開催される。中央線開業130周年仕様となったT24編成は、8月31日までの中央本線東京~高尾・大月間(一部、青梅線立川~青梅間)で運行され、期間中に今回掲出された特製ヘッドマークとは別のものに付け替える予定となっている。また、中野駅・武蔵境駅・国分寺駅・立川駅・八王子駅では、駅からハイキングや開業130周年記念入場券販売などのイベントも行われる。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年4月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.