鉄道ホビダス

2019年4月26日アーカイブ

武井幸輝(群馬県)
20190426230703-e18d31e984e1d7cf05ddba362c532434ba2c1747.jpeg 新潟から遥々やってきた"きらきらうえつ"。
'19.4.24 両毛線 岩宿―桐生
 4月24日、新潟車両センター所属の485系"きらきらうえつ"が団体臨時列車として長岡~あしかがフラワーパーク間で運転された。同編成の両毛線への入線は、これが2度目となる模様だ。なお、特製のヘッドマークも掲出されていた。
松田重彦(大阪府)
20190426230227-3465254f8b3d5b05a006b31159ce74c0b87f980e.jpg 〈うずしお9号〉に併結され、カラフルな編成で徳島へ向かう。
'19.4.21 高徳線 太木町―屋島
 JR四国では、「JR四国"鉄好"社員と巡る日帰り旅行 国鉄型185系 四国色+アイランドEXP四国II+剣山色 キハ四国まいり巡回の旅」の開催に伴う臨時列車が4月21日に運転された。キハ185系四国色・アイランドエクスプレスII・剣山色の3輌編成に乗車するツアーで、3コースが設定されたもののうち今回は「ボルスタレス台車と吉野川編」であった。運転区間は、高松(10:10発)~徳島(11:25着)、徳島(11:35頃発)~阿波池田(13:05頃着)、阿波池田(13:05頃発)~新改~高知(16:55頃着)間であった。なお、高松~徳島間は、特急〈うずしお9号〉に併結して運転された。
大下秀幸(山口県)
20190426225629-0c1b96ebab57f0de7d96fbf0170fcc49c6cf1eb7.jpg 「ありがとう"平成"」のヘッドマークを掲出して運転を始めた412号車。
'19.4.22 平成筑豊鉄道 伊田線 中泉―藤棚
 4月22日、福岡県の第三セクター・平成筑豊鉄道は「ありがとう"平成"」のヘッドマークを掲出した列車の運転を始めた。旧・国鉄の伊田線・糸田線・田川線を引き継ぎ平成元年10月1日に開業したことから、平成の歩みとともに地域に感謝する「"平成"最後の日を平成筑豊鉄道で」と題した企画のひとつで、開業当初のカラーを現在も唯一維持する412号車の前後に掲出。ヘッドマークは3種類を用意し、4月22~29日は「ありがとう"平成"」、平成最終日の4月30日は日付入り、5月1日から当分の間は「よろしく"令和"」となる予定である。
宮島昌之(石川県)
20190426225146-260319831526bec1c0c1c1146fec8980736572cf.jpg 「ありがとう平成」と書かれた「改元記念副標」を掲出するモハ7001車輌。
'19.4.23 北陸鉄道 石川線 西泉
 元・東急7000系車輌が活躍する鉄道会社3社(弘南鉄道・北陸鉄道・水間鉄道)の合同企画として、4月23日より3社一斉に、「平成」から「令和」への改元を記念した「改元記念副標」の掲出を開始した。このうち、北陸鉄道石川線では初日、モハ7001車輌(野町方、モハ7001+クハ7011編成、非冷房車)の前面(運転助士席側)に赤いプレートの副標が掲出され、「ありがとう平成」のメッセージが書かれている。
 なお、水間鉄道公式ウェブサイトに掲載されているプレスリリースによると、3社合同企画の「改元記念副標」には「ありがとう平成」のほかに、「こんにちは令和」と書かれたイメージ画を公表しており、弘南鉄道や北陸鉄道でも同様の「こんにちは令和」の副標を掲出するものと思われる。
足立憲昭(茨城県)
20190426224635-43e5c096ae9c8f8f6998c492f7c77e8a3e3d10df.jpg 記念ヘッドマークを掲出したE531系。
'19.4.22 常磐線 牛久―佐貫
 今年4月20日に常磐線でJヴィレッジ駅(臨時駅:広野~木戸間)が開業したことを記念して、勝田車両センター所属のE531系K470編成に開業記念ヘッドマークを掲出、営業運転を行っている。常磐線富岡~品川間および水戸線友部~小山間で運用され、5月上旬までの掲出予定となっている。
長谷川僚(兵庫県)
20190426223208-ff086ce52b76f9e895f2b7e640d88b2988fb049d.jpg 広島駅にて227系と並ぶ、221系C3編成。
'19.4.21 山陽本線 広島
 網干総合車両所所属の221系C3編成(クモハ221-9以下4輌)が、4月21日に網干から山陽本線経由で下関まで回送された。下関総合車両所へ検査入場するためと思われる。C3編成は2018年10月に奈良から網干に転属しており、奈良時代に前面ガラス下に貼り付けられた車号ステッカーが残存する特徴的な編成であった。
杉本 浩(三重県)
20190426214226-473af4388b82362e045094ee1bed85fc137279c2.jpg 名古屋方面からの15200系PN06編成。
'19.4.21 近畿日本鉄道 山田線 伊勢中原―松ヶ崎
20190426214255-d43c48fe7f8708a894d88ddad13c7349515ee5cd.jpg 大阪方面からの20000系PL01編成。
'19.4.21 近畿日本鉄道 山田線 伊勢中原―松ヶ崎
 近畿日本鉄道では、4月21日に三重県志摩市で開催された「志摩ロードパーティ ハーフマラソン2019」に合わせて、臨時専用列車〈走りゃんせ号〉を運転した。大阪方面からは大阪線大阪上本町駅から20000系PL01編成"楽号"が、名古屋方面からは近鉄名古屋駅から15200系PN06編成"あおぞら2号"が使用され、それぞれ志摩線志摩磯部駅まで運転された。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年4月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.