鉄道ホビダス

2019年4月 8日アーカイブ

岩片浩一(東京都)
20190414190255-ef109e153237aea5cb38009f0761f0165ee698e1.jpeg ワシクリを駆け抜ける"リゾートしらかみ「橅」編成"。
'19.4.6 東北本線 東鷲宮―栗橋
 4月6日、「本物の出会い栃木」アフターデスティネーションキャンペーンの一環として、臨時快速〈リゾートぶなからすやま〉号(往路: 浦和→烏山間、復路: 烏山→大宮間)が運行された。使用車輌は、秋田車両センター所属のHB-E300系"リゾートしらかみ「橅」編成"で、4月4日到着にて送り込まれていた。なお、往路の始発駅である浦和駅では出発式が執り行われた。

【JR貨】EF64 1037が大宮入場

藤原匡秀(東京都)
20190414184023-f758b3f1eb996a568dda870385d9db8e8085bffe.jpg 専用入換動車(OM-2)の推進で大宮車両所に入場中のEF64 1037〔愛〕。
'19.4.5 大宮車両所
 JR貨物では、検査のため4月5日に愛知機関区所属のEF64 1037が大宮車両所に入場した。牽引機は、新鶴見機関区所属のEF65 2093が新鶴見(信)~府中本町~西浦和~大宮間の経路の全区間を担当した。同機も「国鉄色」に塗装変更されて出場するものと見られる。
 なお、大宮車両所としては、同機が今年度初入場機となる。
上野 洋(愛知県)
20190414183735-1371088fd2770da0c9b97885e4459bbbf12dfeb0.jpg 満開に近い桜をバックに走る中部国際空港行き。
'19.4.5 名古屋鉄道 広見線 西可児―善師野
 名古屋鉄道では、3300系3301編成を「ガルーダ・インドネシア航空」ラッピングトレインとして運行している。赤色塗色がほとんどの名鉄車輌のなかでは、ひときわ目立つ存在となっている。なお、このラッピングトレインの運行は8月31日までの予定である。

【JR貨】DF200-205が稲沢へ

松田信介(大阪府)
20190414183525-c06665c2402b46c3fb3ddf547bb8cd2b97d67b0e.jpg 国鉄色機のEF64 1026に牽引されて新天地へ向かうDF200-205。
'19.4.5 東海道本線 千里丘―茨木
 4月5日、稲沢機関区へ配属されると思われるDF200-205の甲種輸送が兵庫~稲沢間で行われた。兵庫~吹田信号場間は岡山機関区所属のDE10 1743、吹田信号場~稲沢間は愛知機関区所属のEF64 1026が牽引を担当した。
中田周誠(埼玉県)
20190414183046-e3ce57ee409098e029d46857b996d23fcdf9bb52.jpg 日中の高崎線を走る"B.B.BASE"。
'19.4.3 高崎線 岡部―本庄
 4月2・3日、幕張車両センター所属の209系2200番代"B.B.BASE"を使用した試運転列車が新前橋~熊谷間で運転された。同編成の上越・高崎線入線はこれが初となる。この試運転は、5月中旬に高崎で開催される自転車レースに合わせて運転される予定の臨時列車に備えたものだと思われる。
厚海 陽(福島県)
20190414182002-c4148cac09d39782a403f17285931a6ae787576b.jpg "金太郎"に牽引され、訓練センターのある新秋津を目指す。
'19.4.3 東北本線 郡山―安積永盛
 4月3日、郡山総合車両センターで改造工事を受けていた209系元ウラ37編成の大宮支社向け訓練車が、八王子支社向け訓練車となって同センターを出場した。これにより、新秋津駅に隣接する八王子支社総合訓練センターで使用されている現在の訓練車を置き換えるものとみられる。
藤原匡秀(東京都)
20190414181931-841a72c98f7dad699209ee48445188c08bf0aa82.jpg 郡山へ向け大宮駅貨物10番線を通過するEH500-56〔仙貨〕牽引の訓練車。
'19.4.4 東北本線 大宮 P:藤原匡秀
20190414181948-0a5f81465fc1cf45854a6143c0907ed0e17f1116.jpg 桜咲くヒガハスを行く209系訓練車甲種輸送。
'19.4.4 東北本線 東大宮―蓮田 P:吉田克也
 4月3日から4日にかけて、武蔵野線新秋津駅隣接の八王子支社総合訓練センター用209系訓練車2輌が郡山総合車両センターから出場し甲種輸送されたが、同4日には、同センターにあった旧209系訓練車2輌が、新秋津~西浦和~大宮~宇都宮~黒磯~郡山(タ)間の経路で、郡山総合車両センターまで甲種輸送された。牽引機は、仙台総合鉄道部EH500-56が全区間担当した。
 今回で、JR東日本の首都圏にある3つの総合訓練センター(東京・大宮、横浜、八王子)の209系訓練車はすべて新しい車輌に置き換えられたこととなった。
厚海 陽(福島県)
20190414181252-b9efed1d084861e51c2440dc48cfda1dd060d715.jpg 側面標記が新しくなったチキで岩切を目指す日鉄チキ。
'19.4.3 東北本線 郡山―日和田
 仙台保線技術センター(岩切レールセンター)行きの日鉄チキが運転され、4月3日に同センターに到着した。今回の運転に使用されたチキは、製造事業者において「新日鐵住金」から「日本製鉄」への社名変更があったため、側面標記が「日鉄物流八幡」となっていた。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年4月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.