鉄道ホビダス

2019年4月 1日アーカイブ

石原幸司(北海道)
20190401203321-c478796d365f073ba44360d748d7b325be890cf0.jpg 新夕張駅の田渕駅長の出発合図で夕張駅を発車する臨時列車。
'19.3.31 石勝線夕張支線 夕張
20190401203339-487b9a8d80ca9f49d3df19619a2d4a9f2fbd0a67.jpg 最終日はJR北海道色+花の恵み号+日高色の3輌のキハ40で運転された。
'19.3.31 石勝線夕張支線 沼ノ沢―南清水沢
20190401203356-0ef6f8b71a01785a97231b7f0a5c8d2da37d2374.jpg 夕張メロンがデザインされた特製ヘッドマークを掲げ夕張を目指す。
'19.3.31 石勝線夕張支線 清水沢―鹿ノ谷
 3月31日の運行をもって、石勝線夕張支線(新夕張~夕張間16.1km)が廃止された。運行最終日の31日の14時過ぎからはお別れセレモニーが行われ、花束贈呈ののち、新夕張駅の田渕駅長による出発合図で発車する列車を、多くの市民が黄色いハンカチを振って見送った。
 同日夜、夕張駅を19時28分に発車する列車を最後に、夕張支線はおよそ127年の歴史に幕を閉じた。
玉木裕一(埼玉県)
20190402160516-94e7d63e4a2d1525f1c8a3d8eb8f0940cb0c7e22.jpg 赤い電気機関車に牽かれて武蔵野線を後にする205系。
'19.3.29 武蔵野線 武蔵浦和―南浦和 P:厚海 陽
20190401202658-f65b0e3b5c11ea471c5e216d7b2e38c66938fa04.jpg 「ゲテモノ4種混合編成」として人気であったM32編成も、ついにジャカルタへ旅立つ。
'19.3.29 高崎線 神保原 P:玉木裕一
 3月29日、京葉車両センター所属の205系ケヨM32編成がインドネシアへ向けて譲渡のため、新習志野~新津間で配給輸送された。牽引機はEF81 141であった。毎回恒列となっている編成最後尾の行先表示は、LED風で「快速 ジャカルタ」と表示されていた。
 なお、ケヨM32編成は、3月26日の41E運用をもって運用から離脱していた。
廣村典彦(兵庫県)
20190401201939-5b963daaca9acf3c7c2d71de64f0b45292aa3cca.jpg センバツ高校野球の副票も掲出中。
'19.3.27 山陽電気鉄道 本線 的形―大塩
 山陽電気鉄道では、昨年8月15日から10月8日まで行われ、大好評で終了したイベント「さくらとおでかけ山陽電車」に使用されたヘッドマークを、期間限定で復活した。掲出期間は3月21日から4月9日までの予定で、掲出車輌は5000系5016号編成。阪神梅田側が「さくらちゃん」、山陽姫路側が「小狼くん」となっている。なお、ヘッドマークのみの復活で、車体や車内の装飾は行われていない。同編成の運転時刻は、同社のウェブサイトで公開されている。
高橋孝一(群馬県)
20190401201450-7ad31ed3abd7b9162405124d23d0cc312b51a253.jpg EF65 501のサポートを受け、本線試運転を行うC61 20。
'19.3.26 上越線 高崎―高崎問屋町
 3月26日、上越線高崎~渋川間で高崎車両センター高崎支所所属のC61 20の本線試運転が行われた。同日の編成は、渋川方からC61 20+伴走車オヤ12 1+EF65 501の3輌編成であった。今後も試運転を繰り返し、4月からの営業運転に備えるものと思われる。
藤原匡秀(東京都)
20190401201004-30603e91d7999fca926d39c5c619e7aece41fb77.jpg ここ大宮では、専用入換動車(OM-2)での入換作業とはいえ、珍しいEH500の重連が見られる。
'19.3.29 大宮車両所
 JR貨物では、3月29日に仙台鉄道総合部所属のEH500-18とEH500-22が大宮車両所を同時に入出場した。18号機は全般検査を終了したための出場、22号機は検査のための入場である。両機の牽引は、往路の新鶴見(信)~府中本町~西浦和~大宮間、復路の大宮~東大宮(操)~大宮(操)~西浦和~新鶴見(信)間の全区間において新鶴見機関区所属のEF65 2066が担当した。
 18号機および22号機ともに今回が第二全検に該当するため、全塗装が施工され、18号機は「JRF」のロゴマークが消去されて出場、22号機は出場時には同マークが消去される見込みである。なお、仙台鉄道総合部所属EH500形の同時入出場は、昨年11月21日の21号機(入場)と65号機(出場)以来となる。
大谷真弘(静岡県)
20190401200050-f5dbaa9467f5db13f2d75f3c3e9a0245fb3c7552.jpg EF65形に牽かれて東海道本線を上る。
'19.3.26 東海道本線 掛川―菊川
 3月26日から27日にかけて、特大貨物輸送用の宇都宮貨物ターミナル駅常備シキ1000D1(シキ1000D1・シキ1001D1・シキ1002D1)の計3輌が大阪貨物ターミナルから宇都宮貨物ターミナルまで回送された。牽引機は、新鶴見機関区所属のEF65 2088が担当した。
 同車は、3月24日に西浜~大阪貨物ターミナル間で変圧器を輸送しており、それを終えての回送である。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年4月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.