鉄道ホビダス

【JR九】58654号機 門司港駅にて展示

西村 将(福岡県)
20190314112645-11ec1309ead1115fabe24dc569b65867a059e1ac.jpg 門司港駅舎と旧JR九州本社ビルを背景に展示される58654号機。
'19.3.10 鹿児島本線 門司港
 JR九州では、約6年半かけて行われた門司港駅の駅舎復原工事が完了し、3月10日にグランドオープンした。それに合わせて、同駅舎のコンセプトである大正時代にちなみ、同日9時30分から1時間程度、通常は同駅へ入線しない〈SL人吉〉の牽引機58654号機を有火状態で展示した。当日はあいにくの雨天であったが、大きな賑わいを見せていた。
 なお、58654号機が門司港駅へ入線するのは、1999年の〈SLクロスロードふくおか号〉以来、約20年ぶりとなる。展示終了後は、DE10 1756の牽引で熊本まで回送された。
レイル・マガジン

2019年3月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.