鉄道ホビダス

【JR東】209系3000番代ハエ64編成 桐生へ疎開配給

玉木裕一(埼玉県)
20190313134336-e0f8f01f9d77e6171d19d49c001710911f86315b.jpg 川越車両センターから離れ、EF64 1032にエスコートされるハエ64編成。
'19.3.11 川越線 南古谷―指扇
 3月11日、川越車両センター所属の209系3000番代ハエ64編成が南古谷~大宮~田端(操)~馬橋~武蔵野線・宇都宮線経由~桐生間で配給輸送された。疎開のためと思われる。牽引機は全区間でEF64 1032であった。これをもって、209系3000番代は実質的に消滅となる見込みである。
 なお、ハエ64編成は、2月27日をもって定期運用から離脱しており、3月7日にはパンタグラフが撤去されていた。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年3月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.