鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【JR西】大糸線で活躍する浜田鉄道部のキハ120 317の近況

【JR西】大糸線で活躍する浜田鉄道部のキハ120 317の近況

宮島昌之(石川県)
20190313135621-df1b79aca3594e975e31f35a8482117de5c8b507.jpg スカートの一部に網目の金属板、黒の行先表示幕など、北陸に送られた当時と変化が見られる。
'19.3.10 大糸線 南小谷
20190313135722-bdd93bfe81147cf235108f64723dbea7986d3415.jpg JR東日本のE127系100番代と並ぶ浜田色のキハ120 317。
'19.3.10 大糸線 南小谷
20190313135759-c165f511caf2d25a39f097460cdd528d6a9c9d73.jpg えちごトキめき鉄道のET122-1(K1編成)と顔を合わせた浜田色のキハ120 317。
'19.3.10 大糸線 糸魚川
 既報の通り、金沢総合車両所富山支所に向かった浜田鉄道部所属のキハ120 317は、2月4日より大糸線での運用を開始し、糸魚川からJR東日本の南小谷まで顔を出している。キハ120 317が大糸線に来た理由について、同線では冬の多客期で2輌編成の増結運用が行われている一方、同線で活躍するキハ120 341(岡山色)が現在後藤総合車両所で検査およびリニューアルが施工中の模様であり、運用車輌の不足を解消する目的で送られたものと考えられる。
 なお、大糸線での運用を開始するのに際しては、金沢総合車両所富山支所にてスカートの一部に網目の金属板が取り付けられたほか、行先表示幕も同線対応の黒色の幕に交換されている。なお、車体側面の所属標記は「米ハタ」のままで変化はない。
 キハ120 317の処遇については、転属なのか一時的な貸し出しかは不明であるが、冬の多客期が終了した後の扱いなど、引き続き動向を注視していきたい車輌である。
●参考記事:【JR西】浜田鉄道部キハ120 317が富山へ回送
レイル・マガジン

2019年3月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.