鉄道ホビダス

2019年3月26日アーカイブ

赤樫翔太(大阪府)
20190326211204-04df22085967de4d4ab27967371ee10eb0a1c9fc.jpg 新たな観光特急としてデビューした"京とれいん雅洛"。
'19.3.23 阪急電鉄 京都本線 茨木市―南茨木
 阪急電鉄では、京都本線において快速特急"京とれいん雅洛"の運転を3月23日に開始した。"京とれいん雅洛"の車体は、既存の7006×6Fを2扉化しており、1~6号車で各々異なった仕様となった内装にはさまざまなこだわりを感じることができ、乗車したときから京都気分を楽しむことができるようになっている。
 快速特急"京とれいん雅洛"は、すでに運転されている快速特急A"京とれいん"とともに、土・日・祝日に京都本線梅田~河原町間で運転される。また、春の臨時列車として、3月26日~4月4日までの火・水・木曜日に西宮北口~河原町間で直通特急として運転されることも発表されている。
樋上航一(福岡県)
20190326210850-dd2249eeadf6b14364cb7158d8c7b0041de38890.jpeg ローズピンクのEF81との美しい組み合わせとなった。
'19.3.20 鹿児島本線 古賀
 JR九州熊本車両センター所属のマヤ34 2009を使用した、JR貨物博多臨港線の検測が実施された。JR貨物の路線ということもあり、前回の博多臨港線検測と同様にJR貨物所属機が使用され、今回はEF81 403が抜擢された。人気のある同機牽引とあり、多数の撮影者が見受けられた。
福地健至(千葉県)
20190326210524-bf7d95030219b267753174586588ccaa13a70c85.jpg 富山へ向けて出発していく。
'19.3.19 ゆりかもめ ゆりかもめ車両基地
 3月19日、去る3月17日にゆりかもめ車両基地にてラストランイベントを行った7200系21編成が、ゆりかもめ車両基地より搬出された。廃車のためとみられ、他編成と同様に、富山にあるリサイクル工場へと輸送される見込みである。
松田信彦(大阪府)
20190326210226-a63bee378cb1cb0382399b86c975c5a17cc202f1.jpg 車内では地元高校生が育てた野菜を使用した料理が振る舞われていた。
'19.3.21 近畿日本鉄道 橿原線 八木西口 P:寺岡侑亮
20190326205644-0ad9cde39ce67b5c8c324c55d8eaabe578ad7d27.jpg 〈大和野菜列車〉のHMを掲出して鶴橋を通過する"つどい"。
'19.3.21 近畿日本鉄道 大阪線 大阪上本町―鶴橋 P:松田信彦
 近畿日本鉄道では、奈良県立磯城野高等学校との共同企画として「高校生と行く!! 大和野菜列車 知って見て食べて楽しい 大和の伝統野菜ツアー」の開催に伴う団体臨時列車が、3月21日に運転された。"つどい"の運転区間は、橿原神宮前(13:00頃発)~(西大寺経由)大阪上本町、および大阪上本町~(大阪線経由)橿原神宮前(16:00頃着)の一往復であった。
島崎 誠(神奈川県)
20190326205405-4efcbff1e7d2f38e2c5885b05cdee982bac608e6.jpeg 春の訪れを感じさせる豪雪地帯を譲渡配給がゆく。
'19.3.20 上越線 越後堀之内―北堀之内
 3月20日、京葉車両センターに所属する205系8輌(ケヨM16編成)が、インドネシアへ譲渡のため新習志野~大宮~新津間で配給輸送された。輸送にあたっては、長岡車両センター所属のEF81 140が全区間を牽引した。毎回恒例となる最後尾の行先表示器には、菜の花を彩る山と羊のイラストが描かれた「ジャカルタ」と表示されていた。
佐野 徹(京都府)
20190326204313-3c69e33c61f9bfc9b7a4135c2f3ee8cfaf8497c9.jpg "青もみじきらら"一番列車が鞍馬駅に向かった。
'19.3.21 叡山電鉄 叡山本線 茶山―一乗寺
20190326204405-d08cba7f14b20f8e2062e947a411f25b83a79f79.jpg 朱色になったデオ722の一番列車。
'19.3.21 叡山電鉄 叡山本線 茶山―一乗寺
 叡山電鉄では、デオ901Fがメープルレッド色からメープルグリーン色に塗色変更され、"青もみじきらら"として3月21日より運行を開始した。2020年12月までの期間限定運行の予定である。
 また、神社仏閣をイメージした朱色に塗色変更されたデオ722も、3月21日より運行を開始した。前面窓・側面窓の形状やヘッドライト・尾灯、パンタグラフが変更されており、スカートが新設されている。
藤原匡秀(東京都)
20190326203843-d53adc0a5e534df9e4780b638f352a70aad4b317.jpg 専用入換動車(OM-1)の推進で入場するワ4編成。
'19.3.20 大宮総合車両センター(東北本線大宮駅11番ホームより)
 JR東日本では、中原電車区所属南武支線用の205系1000番代ワ4編成が検査のため、3月20日に武蔵中原~府中本町~西浦和~大宮間の経路を自力回送して大宮総合車両センターに入場した。JR東日本の205系1000番代は、モハ205形改造のクモハ205形とモハ204形改造のクモハ204形のみで、編成は2輌編成である。現在、南武支線用はワ1・2・4の3編成が存在するが、今回入場したワ4編成は、モハ205・204-23を改造した車輌で、南武支線用では唯一側扉窓が小型のタイプである。
松田信彦(大阪府)
20190326203411-87a6b5b69a4595acf0bff71a2c0a1080c47ab2b0.jpg 朝日を浴びて大阪へ向かう〈らくラクはりま〉。
'19.3.20 東海道本線 甲南山手
 今年3月16日のダイヤ改正より、大阪~姫路間に特急〈らくラクはりま〉が登場した。ただし、運転は平日ダイヤのみのため、実際の運転開始は3月18日からとなった。吹田総合車両所京都支所所属の289系6輌(〈くろしお〉用)が使用されている。
 なお、尼崎~姫路間での電車による定期特急列車の設定は久しぶりのことと思われる。運転ダイヤは、姫路(6:21発)~大阪(7:21着)間および大阪(19:04発)~姫路(20:08着)間である。
藤原匡秀(東京都)
20190326203021-c924e4e290980b2294b56a1f6c950e9b206ab925.jpg 大宮車両所を出場し、大宮駅11番線に据え付けられたEF65 2092〔新〕牽引のEH500-72〔門〕。
'19.3.19 東北本線 大宮
 JR貨物では、門司機関区所属EH500-72が、3月19日に全般検査を終えて大宮車両所を出場し、大宮~東大宮(操)~大宮(操)~西浦和~府中本町~新鶴見(信)間の経路で新鶴見機関区まで回送された。牽引機は、新鶴見機関区所属のEF65 2092が全区間を担当した。
 今回、3月5日に同車両所に再入場したEH500-65と同時に出場することも期待されていたが、同機単独での出場となった。なお、65号機の最終検査は、まだしばらくは続く模様である。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年3月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.