鉄道ホビダス

2019年3月20日アーカイブ

長谷川僚(兵庫県)
20190322211531-7861ace8258c83b71569cf30aaf5ef973f4dd51e.jpg DE10 1116と連結し、金沢総合車両所へ入区するEF81 114。
'19.3.12 北陸本線 松任
 3月12日、敦賀地域鉄道部所属のEF81 114が敦賀から松任まで単機回送された。松任到着後、DE10 1116(金沢総合車両所富山支所所属)と連結し、金沢総合車両所松任本所に入区した。今後の動向が注目される。
廣島一貴(東京都)
20190322211137-fd91e150f446c8eaa79cc2aedf441227f6417c96.jpg およそ2ヶ月ぶりに観光客を乗せて再び走る日がやってきた。
'19.3.17 東京都交通局 上野懸垂線 西園―東園
 3月15日の初電より、東京都交通局が運営する上野動物園内を走行する上野懸垂線モノレールが運行を再開した。同線は今年1月24日に車輌故障が発生し運行を休止していたが、3月11日に試運転を実施し、15日にはおよそ2ヶ月ぶりに営業運転再開の運びとなった。
 なお、同線は今年11月1日より運行を休止することが発表されており、今後の動向に注目したい。
齋藤大暉(千葉県)
20190322210721-72c99a863cfd0691812b5da322a1318dbe06676a.jpg 189系による定期的な運用もついに最終日を迎えた〈おはようライナー〉。
'19.3.15 信越本線 稲荷山―篠ノ井
 長野総合車両センター所属の189系を使用した〈おはようライナー〉が3月15日をもって運転を終了した。これは3月16日のダイヤ改正以降、211系を使用した快速に変わるためで、〈おはようライナー〉の運転終了により44年間にわたる189系の定期的な運用が終了した。
 なお、189系は今後、3月28日に団体臨時列車としての運転が予定されている。
廣村典彦(兵庫県)
20190322210230-0fa02698366005f9287639ecb32e7ad05e9c2d82.jpg 先頭がブルースター、後ろがウイルソン。
'19.3.17 岡山電気軌道 東山本線 岡山駅前
 岡山電気軌道では、イギリス生まれの人気テレビアニメ「チャンギントン」電車を3月16日より運行開始した。運転区間は岡山駅前~清輝橋~岡山駅前~東山間を平日4往復・土休日5往復で、火曜日が運休となっている。乗車は完全予約制。車輌は低床路面電車MOMOと同じボンバルディア製の車輌を新潟トランシスが輸入し、組み立てと改造を行った。なお、岡山駅前側がブルースター、東山側がウイルソンの2輌編成でとても目立っており、沿線の注目の的であった。
宮島昌之(石川県)
20190322205408-f97e954d1fd707dce65741029d59146f72a7c1ed.jpg 富山駅北電停へ向け回送されるTLR0600E形のTLR0608。前照灯にはLEDが採用された。
'19.3.16 富山ライトレール 富山港線 インテック本社前―富山駅北
20190322205425-50aef8ddc159a71485d25d9d0b05f1b053655ed0.jpg 「新車両お披露目式」にて。来賓と地元の園児による除幕式のシーン。
'19.3.16 富山ライトレール 富山港線 富山駅北
20190322205439-fb51f240127996760546e5ae4a948b2360156640.jpg 展示会では車内も公開された。座席シートの素材には「富山湾の命の水」をイメージした青の皮革を使用。
'19.3.16 富山ライトレール 富山港線 富山駅北
 富山ライトレールでは、富山県が進めている富山駅周辺の「路面電車南北接続事業」(2020年3月竣工予定)を見据え、新形式となるTLR0600E形を1編成を追加導入した。車輌番号は既存の編成7本(TLR0601~TLR0607)に続くTLR0608が割り当てられた。
 3月16日には、富山駅北電停前の広場にて、来賓臨席のもと「新車両お披露目式」が執り行われ、続いて一般向けの「新車両展示会」が開催された。さらに午後には、事前募集にて選ばれた参加者を対象にTLR0600E形に試乗できる貸切列車や、城川原電停隣接の富山ライトレール本社車輌基地にて「ポートラム新車両見学会&交流会」も催された。
 車体外装の色は「白銀の立山」をイメージしたシルバーホワイトをベースに、アクセントで「都市」を表現したアルミ質感のシルバーを配した。このほか、前照灯や室内灯にはLEDを採用した。なお、この車輌は3月22日より運用を開始する予定である。
守屋浩二(徳島県)
20190322204653-795ed513b208776b2e5712a25de1d2e4a572ed92.jpg 朝焼けとともに姿を現したキハ40形4輌。
'19.3.14 高徳線 佐古―吉成
 徳島運転所所属のキハ47形2輌にて徳島~高松間で運転されている316D列車だが、3月14日、2輌を増結した4輌編成にて運転された。増結された車輌は、同所所属のキハ47 112とキハ40 2146で、キハ47 112は検査のため多度津工場への回送を兼ねての増結、一方キハ40 2146は同工場への廃車回送を兼ねたものとみられる。
 なお、翌3月15日早朝に、高松運転所から多度津工場へこの2輌が回送された。JR四国のキハ40形が廃車となるのは、これが初になるものと思われる。
守屋浩二(徳島県)
20190322204306-3503aae0e6c4907052b59653c3581d8f1a7ad346.jpg 海部駅での阿佐海岸鉄道の車輌との並びも見納めとなる。
'19.3.15 牟岐線 海部(構内踏切より撮影)
 今年3月16日のダイヤ改正により、牟岐線での20:55発普通海部行き、折り返しの21:15発普通牟岐行きが廃止となった。この列車は、高松運転所所属のキハ185系2輌にて運転されていた特急〈むろと5号〉が牟岐駅に到着後、そのまま同編成が運用に就いていた列車で、今回の廃止により同運転所所属のキハ185系による普通列車は消滅となった。
近藤規夫(東京都)
20190322203843-840cba0c4869c27a901feb1f1054e7c03e6cc974.jpg 画像では見えにくいが、E233系と異なり「快速」は全区間表示する模様。
'19.3.17 中央本線 立川―日野
 昨年11月に豊田車両センターへ転属した209系1000番代81編成が、今年3月16日のダイヤ改正に合わせて営業運転を開始した。改正当日と翌17日は、97T運用で豊田から東京まで一往復した。
 今後、平日などで、82編成と併せてどの運用に充当されるのかが注目される。
佐野 徹(京都府)
20190322203519-e32190a7c5110bcfdbbc4c5b69e48e2899e9b660.jpg 鮮やかなメープルグリーン塗色になったデオ901F。
'19.3.17 叡山電鉄 修学院車庫
 叡山電鉄では、鞍馬線開通90周年事業の一環として、デオ901-902編成の塗色をメープルレッドからメープルグリーンに変更した。デオ902が3月3日から、デオ901が3月9日より塗色変更作業に入り、3月17日に修学院車庫にてお披露目された。"青もみじきらら"として3月21日より、2020年12月頃までメープルグリーン塗色で運行される予定である。
山﨑遥大(愛媛県)
20190322203052-0dc6b5b10a6d22cf06080bb5707db83f191eff92.jpeg 早朝の高松駅4番線に停車。
'19.3.16 予讃線 高松
 今年3月16日のダイヤ改正をもってJR四国の113系電車計2編成が引退することとなり、改正前日にあたる15日の1256Mにてラストランを迎えた模様だ。改正後、これら2編成のうち第1編成が3月16日早朝、早速多度津工場へと回送された。残る第2編成も、今後の動向が注目される。
 ちなみに、113系第3編成は、昨年の3月末日付けで一足早く廃車となっている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年3月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.