鉄道ホビダス

【JR東】"IZU CRAILE(伊豆クレイル)"が大宮入場

藤原匡秀(東京都)
20190217172821-cd8b5ecc8eaa218c779a44fc6aed7308ffd84655.jpg 東海道貨物線経由で回送される"IZU CRAILE"こと651系IR01編成。
'19.2.12 東海道貨物線 大船―横浜羽沢 P:吉田克也
20190217172840-455d10a4e42bc2a48ec8dd4a31f2d5606df69296.jpg 専用入換動車(OM-2)の推進で入場する"IZU CRAILE(伊豆クレイル)"。
'19.2.12 大宮総合車両センター P:藤原匡秀
 JR東日本では、国府津車両センター所属の"IZU CRAILE(伊豆クレイル)"用651系1000番代IR01編成が、2月12日に国府津~横浜羽沢~新鶴見(信)~府中本町~西浦和~大宮間の経路を自力回送して大宮総合車両センターに入場した。検査のための入場と思われる。"IZU CRAILE(伊豆クレイル)"は2016年4月13日に同センターにて改造された、元・大宮総合車両センター所属のOM301編成を種車とする車輌で、4編成の651系1000番代のなかで唯一の現役編成である。ちなみに、651系1000番代の残り3編成(K201・K205・K207編成)は勝田車両センターに留置されている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年2月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.