鉄道ホビダス

【JR貨】DF200-106 甲種輸送

大谷真弘(静岡県)
20190219211847-3c0cf146c16fd9fab0570bebeb6499165e1ca8a8.jpg 甲種輸送されるDF200-106が東海道本線を下る。
'19.2.18 東海道本線 掛川―菊川
 五稜郭機関区配置のDF200-106が、2月15日に出発し22日到着の予定で、五稜郭から兵庫(川崎重工業兵庫工場)まで甲種輸送されている。同機は今後、愛知機関区への転属に向けた改造工事が行われるものと思われる。
 牽引機は、五稜郭から青森信号場までが五稜郭機関区所属のEH800-901、青森(信)から新鶴見信号場までが仙台総合鉄道部のEH500-7、新鶴見(信)から先の東海道本線区間は吹田機関区所属のEF210-158が充当されている。
レイル・マガジン

2019年2月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.