鉄道ホビダス

JR貨+京成】3000系が最後の甲種輸送

吉田克也(神奈川県)
20190219205632-4ab0f602e752dcfcc740e1f905a76f8432a12863.jpg 京成電鉄3042編成が輸送された。
'19.2.17 東海道本線 掛川―菊川 P:大谷真弘
20190219210100-fbf96dd001c2413611e6e9369ea57bb8d0f3ce69.jpg 3000形最後の甲種輸送列車が終着の逗子を目指す。
'19.2.18 高島貨物線 東高島―桜木町 P:吉田克也
 2003年(製造は2002年)より16年間という長きにわたり投入されてきた京成電鉄3000形が、今回搬入された3042編成をもって増備完了となり、合計326輌の陣容となる模様だ。
 記念すべき最終落成車となった同編成は、2月17日に日本車輌製造豊川製作所を出場し、豊川~西浜松間でDE10 1557が、西浜松~横浜羽沢間でEF65 2075が、そして横浜羽沢~新鶴見(信)~逗子間でDE10 1662がそれぞれ牽引し、翌18日に逗子に到着した。
レイル・マガジン

2019年2月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.