鉄道ホビダス

【JR東】185系臨時列車の話題

大森岳人(東京都)
20190216191634-e761fd85bf424cbdc94d39932bd364c35ba0515a.jpg 出発を待つ6+4輌の10輌編成による特急〈踊り子153号〉。
'19.2.9 東海道本線 東京
 2月9日から11日にかけて、伊豆方面への観光客輸送のため、185系による特急〈踊り子〉号の臨時列車が運転された。 例年、河津桜の開花時期に合わせて、2・3月も伊豆方面への臨時列車が多数運行されているが、今年は2月9日の〈踊り子103・156号〉に185系OM03編成6輌+B7編成4輌のグリーン車なし10輌編成が、また〈踊り子153・158号〉に185系B6編成6輌+C7編成4輌の同10輌編成が、東京~伊豆急下田間で運行された。特に〈踊り子153号〉は東京駅10:15発であり、同駅10:00発の同107号(A5編成10輌編成)、10:30発の同109号(OM08編成+C5編成(修善寺行き)の12輌編成)の15分間隔での続行運転が繰り広げられた。
 なお、昨年は、10:15発の列車にB2編成(8輌編成)が充当されていたが、同編成は昨年8月に廃車となっている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年2月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.