鉄道ホビダス

2018年12月28日アーカイブ

藤原匡秀(東京都)
20181230173425-6819b5a50ea3a2bec28e5fbce8f389f4f003bc46.jpg 東大宮(操)から"金太郎"に牽引され外に出た3代目訓練車。
'18.12.27 東北本線 大宮
 12月25日から26日にかけて、東大宮(操)に隣接するJR東日本東京・大宮総合訓練センター内の先代209系訓練車(種車は元ウラ37編成モハ208・209-76)を代替するため、郡山総合車両センターにて改造施工された元川越車両センター所属ハエ62編成の2輌(モハ208・209-3002)を導入したが、翌12月27日には、その先代訓練車が東大宮(操)~大宮(操)(機回し)~大宮~宇都宮~郡山の経路で、郡山総合車両センターまで甲種輸送された。牽引機は、仙台総合鉄道部所属EH500-9が引き続き担当した。
 先代の訓練車は、2008年3月27日に長野総合車両センターより輸送され、導入されてからおよそ10年9ヶ月でお役御免となった格好で、廃車される見込みである。今後、同訓練センターの訓練車は、今回輸送された4代目が務めることになるものと思われる。

【JR西】キハ40 2007 配給輸送

長谷川僚(兵庫県)
20181230173149-0be3a997a309315c046c558a0014e47a723266b5.jpg DD51にエスコートされて尼崎を通過するキハ40。
'18.12.26 東海道本線 尼崎 P:松田信彦
20181230172918-b1742e3ed22d763f75a6ebf3ec82b6b609ce30c7.jpg 豊岡へ向けて、DD51牽引で配給輸送されるキハ40 2007。
'18.12.26 福知山線 三田 P:長谷川僚
 福知山電車区豊岡支所所属のキハ40 2007"天空の城竹田城跡号"が12月26日、京都貨物~豊岡間(東海道本・福知山・山陰本線経由)で配給輸送された。同車は、12月22日から26日にかけて京都鉄道博物館で展示されていたもので、全区間をDD51 1183(網干総合車両所宮原支所所属)が牽引した。
森 政貴(東京都)
20181230172453-70411a2d5281cbacf879a67565afce5e837ad6b3.jpg 専用のヘッドマークを掲出して運転。
'18.12.27 東武鉄道 日光線 新鹿沼
 12月27日、東武トップツアーズ主催の日帰りツアー「DL大樹で行く鉄分補給の旅」が開催された。運転経路は南栗橋から〈DL大樹〉に乗り、日光線を経由して鬼怒川温泉まで走り、下今市まで戻るというルートであった。なお、途中の新鹿沼では、歴代ヘッドマークのレプリカの展示および撮影会が開催され、手に持っての撮影も可能であった。そして車内では、鉄道グッズ争奪じゃんけん大会およびクイズ大会が開催された。
 普段は走行しない日光線を走るということもあり、沿線ではカメラを向ける人が多く見受けられた。
松田信介(大阪府)
20181230172005-ba547f343dddcf067db105b3ad6db100a1dde0db.jpg 一足早く新年を告げる初詣ヘッドマーク。
'18.12.26 阪急電鉄 京都本線 上新庄
 阪急電鉄では、毎年恒例の「2019年初詣」・「阪急沿線西国七福神めぐり」のヘッドマークを12月26日より掲出している。「2019年初詣」ヘッドマークは2019年1月7日頃まで、「西国七福神めぐり」ヘッドマークは2019年1月31日頃まで掲出される予定である。
 「初詣」ヘッドマークは各線4編成(合計12編成)に掲出予定、「西国七福神めぐり」ヘッドマークは宝塚線4編成、神戸線・京都線各2編成に掲出予定である。
高橋孝一(群馬県)
20181230171409-7568d1cb8fedf30044c8dc105e74664afd301240.jpg 和太鼓の演奏やキャンドルライトの灯るなか、折り返しとなる横川駅で発車を待つ高崎行き〈SL YOGISHAよこかわ〉。
'18.12.22 信越本線 横川
 12月22日、信越本線高崎~横川間で旧型客車6輌を使用した夜行列車が一往復運転された。高崎からの往路は〈DL YOGISHAよこかわ〉としてDD51 888が牽引し、最後部にはD51 498を逆向きで連結したプッシュプル編成であった。復路はその反対で、この編成組成のまま〈SL YOGISHAよこかわ〉としてD51 498が牽引した。ヘッドマークは、DD51 888には掲出されなかったが、D51 498には「D51復活30周年記念」デザインのものが掲出されたほか、30周年記念の炭水車の装飾に多くのファンの注目が集まっていた。
奥地賢一(大阪府)
20181230170216-a0be9d3248b960c51bf0161cb2831b8af22b45f8.jpg "雲電車"が登場した時代を模した姿となった164号車。
'18.12.23 阪堺電気軌道 阪堺線 住吉鳥居前
 阪堺電気軌道では、モ161形登場90周年記念企画のひとつとして、モ161形164号車を昭和50年頃の「雲電車シリーズ」登場時を模した青雲塗装車に再現、12月23日より運行を開始した。当時の広告の文言を基に「これからもみなさまとともに阪堺電車」と「この電車にはこの街が故郷です」のフレーズが車体側面に記載され、旧社章の羽車マークやワンマンカープレートも再現された。運行期間は2019年5月中旬頃までの予定となっている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2018年12月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.